注目される保育のスキルアップ講座

b91d4904a9c85495ce9771c82a471801_s

保育士や幼稚園教諭の資格を取得して働き始めると、現場では養成校での知識のみでは全く足りないことに気がつきます。

そのため、「もっと勉強して実践力をつけたい!」「スキルアップしたい!」と願う人が大勢います。また、「保育の現場で働く8割近くの人がスキルアップを望んでいる」という調査結果もあり、近年では保育士や幼稚園教諭向けの研修や講座が注目を集めています。

そこで、今回は「注目される保育のスキルアップ講座」について解説していきます。

⚫︎民間資格を取得する

保育の養成校などでは、子どもを保育するときに必要な発達過程を中心に学んでいきます。その中には、「絵本」「音楽」「手あそび」といった現場に出てすぐに使える授業もあります。このような授業は、学生からも大変人気が高いです。

ですが、保育の仕事を始めると「学校で学んだことだけでは足りない」という事態が起こります。それは当然のことです。なぜなら絵本や音楽などの教育や文化は年々変化をしていくからです。

また、これらを「今の子どもの発達に合わせてどうやって教えたり、伝えたりしていくか」ということがとても重要になります。

そのため、働きはじめてから「今のクラスの子どもたちに、どんな絵本を読んであげればいいのか分からない」などの悩みを抱える人が多いのです。

このような人たちが多いことから、悩みを抱える人同士で勉強会を開いたり、さらに「絵本専門士」などの民間資格が取れる養成講座が開講されたりするようになりました。

こういった養成講座に人気が集まるのは、資格を取得できるだけでなく、その分野の第一人者に教えてもらえ、さらに実践ですぐに役立てることができるからです。

この民間資格は「絵本専門士」以外にも「リトミック」や「チャイルドマインダー」、「ベビーマッサージ」など、多種多様です。また、講座の多くは、働いている人でも受講しやすいように配慮されているため、大変人気が出ています。

これらは民間資格なので、それだけを使用して保育園などで正規職員として働くことはできません。しかし、現在取得している保育士や幼稚園教諭の資格と併せて持つことで、より専門性を高めることができると考えられています。

このように、「民間資格を取得する」ということも保育技術のスキルアップにつながります。そして、これらの技能を身につけることは「自分が得意なこと」として自信につながり、子どもたちとの関わりにも良い離郷を与えるはずです。

⚫︎注目される「心理学」

保育における仕事の中で大切なことは、子どもたちとの関わりだけではありません。なぜなら、子どもたちの成長には、担任ひとりだけではなく、保護者や他の職員との関わりも同じように重要になるからです。

言い換えると、保育や教育の仕事は子どもと保護者、職員によるチームワークなのです。つまり、「どの立場が一番偉い」ということがあってはいけません。なぜなら、立場が平等であることで、相手を「ひとりの人間」としてはじめて認めることができるからです。

しかし、現代では年々保護者との関わりが難しくなってきていると言われています。また、助け合うはずの同僚や上司との人間関係に悩む人も大勢います。

そこで近年注目されているのが、「心理学」を学ぶことができる講座や勉強会です。

心理学と言えば、広く知られている心理学の資格に「臨床心理士」があります。これは指定の大学院を卒業し、試験を受けて合格する必要があるため、専門性とともに試験合格のための難易度が非常に高いのが特徴です。

しかし、臨床心理士以外にも心理学系の民間資格を取得できる講座はたくさん開講されています。そして、これらの講座は「自分の学びたい分野に特化して勉強することができる」ということで人気を集めています。

一方、資格取得を目指さない講座でも、心理学を学ぶことで子どもや保護者、職場の同僚などの行動や言葉の意味を多角的に捉えることができるようになります。したがって、心理学を深く学ぶこと自体が、保育や教育の仕事をする上で、とても意義のあることだと言えます。

このように、保育士や幼稚園教諭として働き始めてからの方が、学びたいことがたくさん出てきます。そして、学ぶことで、さらに子どもたちによりよい保育や教育を実践することができるようになります。

先述で紹介した勉強会や講座はほんの一例ですが、是非自分が身に付けたいスキルの講座や勉強会を見つけて取り組んでみてください。なぜなら、職員が専門性を高めることは、子どもたちの豊かな成長に必ずつながるからです。

action
保育士・幼稚園教諭が転職を考えるとき、転職サイトを活用するとより自分の希望に沿う求人を見つけることができるようになります。自分一人では頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉まで行うのは現実的ではありません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できるだけでなく、施設や企業との交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって特徴が大きく異なります。例えば、電話だけの対応で素早さを重視する会社があれば、面接まで同行することで難しい案件への対応を得意としている会社もあります。他には、大手企業に強みを発揮する会社があれば、地方求人を多く保有している会社もあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページで転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

botton6

注目の人気記事

a1管理人による転職体験記
保育士・幼稚園教諭として、私が実際に転職サイトを利用して転職した経験を述べています。

見学の際に感じたことや、失敗した経験から、転職の際に必要だと感じたことなどを詳細に記しています。


a2転職サイト利用の流れ
転職サイトを活用するとはいっても、初めて利用する人がほとんどなので「どのような流れで進んでいくのか分からない」という不安が残ります。

実際には難しいことは何一つないのですが、どのような手順で進んでいくのかを解説しています。


転職サイトを有効活用する方法
a3良い求人を見つけ、転職を成功させるときは転職サイトの利用が一番の近道です。しかし、保育士・幼稚園教諭の中でも、転職サイトを利用したことがないという人は多いです。

そこで、転職サイトの有効な活用方法について記しています。