英会話を学ぶことで活躍の場が広がる保育士と幼稚園教諭

7878f5a910a61368a961877601e593a3_s

現代は、グローバル社会と言われています。そのため、小さい時から「日本語と同じように子どもが英会話ができるようになるといいな」と考える保護者が大勢います。

そこで台頭してきているのが、英語で生活するプリスクールや様々な国籍の子どもが通うインターナショナルスクールです。また、英語のキッズクラスは、幼児の習い事でも高い人気を誇っています。

これに伴い、幼稚園や保育園の中にも英語教育を取り入れている園も多くなっています

そこで、今回は「英会話を学ぶことで活躍の場が広がる保育士と幼稚園教諭」について解説していきます。

⚫︎人気のある教師は引っ張りだこ

まだ、母国語も未熟である幼児に英語を習わせることについては賛否両論です。また、教師の教え方によっては、子どもが余計に英語に対して抵抗ができてしまう場合があります。

したがって、必要とされているのは、ただ英語を教えることができる教師ではありません。必要とされているのは、子どもが英語が興味を持てるように、遊びの感覚でレッスンを行えて子どもに英語を教えることができる教師です。

そのため、この2点を兼ね備えている人は、どこの施設でも引く手数多です。言い換えると、英会話と教育のスキルを身につけることにより、収入や待遇など職場から有利な条件を出してもらえたり、職場選択をしたりすることが可能になるということです。

これは、プリスクールやインターナショナルスクールが富裕層向けに作られていることが影響しています。なぜなら、富裕層に満足してもらうためには、質の高い教師を雇うことが必然だからです。

しかし、人気教師になるためには、英会話のスキルと保育や教育の質を同時にあげることが重要です。つまり、常に自己研鑽をしてスキルアップしていく必要があるのです。

⚫︎他言語を話せる職員はどこの施設でも重宝される

現代では、一般的な幼稚園や保育園にも外国籍の子どもたちが入園してくることが珍しくありません。その時に、保護者が日本語が堪能であれば問題ありませんが、意外と日本語が不得手な人も多いものです。

そこで、重宝されるのが英会話のスキルです。なぜなら、日本語独特の言い回しは、海外から来た人には「どこに要点があるのか」が分かりづらいからです。そのため、「英語の方が理解できる」という人は多いのです。

また、日本と異なり、海外の多くは英語や中国語など、2カ国の言葉を話せる人もいます。英会話はできなくても、単語を並べれば意外と通じたりするものです。

つまり、外国籍の子どもたちや英語を教える保育園や幼稚園でなかったとしても、英会話ができるということは、それだけでその人の大切な付加価値となります。そして、英語を話せることで、海外から来た保護者とのやりとりがスムーズになるケースはたくさんあります。

そうなれば、初めて日本で生活する保護者ならば、聞き慣れた言葉を聞くことで安心するでしょう。誰でも、慣れない言葉で話すということは心細いものです。まして、言葉の通じない相手に自分の大切な子どもを託さなければなりません。

したがって、保育士や幼稚園教諭が英会話のスキルを身につけることは、場合によっては保護者支援につながることがあるのです。

一方で、採用試験でも十分にアピールすることができるポイントです。特に、外国籍の保護者の場合は、保育士や幼稚園教諭が丁寧に伝えているつもりでも、言葉に行き違いや勘違いが生まれやすいものです。

それを避けるために、外国籍の子どもが多い地域では、「他言語ができる」という人を重宝するケースがあるのです。

このように、幼稚園教諭や保育士が他言語を学ぶことは大変有意義なことです。英会話のスキルを身につけ、優れた保育や教育を行えることが評判になれば、転職する際にも非常に有利に進めることができるのです。

確かに、働きながら英会話のスキルを身につけることは容易ではないかもしれません。ですが、不可能ではありません。そして、身につけたスキルは人生を豊かにし、さらに未来を切り開くきっかけになるかもしれないのです。

action
保育士・幼稚園教諭が転職を考えるとき、転職サイトを活用するとより自分の希望に沿う求人を見つけることができるようになります。自分一人では頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉まで行うのは現実的ではありません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できるだけでなく、施設や企業との交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって特徴が大きく異なります。例えば、電話だけの対応で素早さを重視する会社があれば、面接まで同行することで難しい案件への対応を得意としている会社もあります。他には、大手企業に強みを発揮する会社があれば、地方求人を多く保有している会社もあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページで転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

botton6

注目の人気記事

a1管理人による転職体験記
保育士・幼稚園教諭として、私が実際に転職サイトを利用して転職した経験を述べています。

見学の際に感じたことや、失敗した経験から、転職の際に必要だと感じたことなどを詳細に記しています。


a2転職サイト利用の流れ
転職サイトを活用するとはいっても、初めて利用する人がほとんどなので「どのような流れで進んでいくのか分からない」という不安が残ります。

実際には難しいことは何一つないのですが、どのような手順で進んでいくのかを解説しています。


転職サイトを有効活用する方法
a3良い求人を見つけ、転職を成功させるときは転職サイトの利用が一番の近道です。しかし、保育士・幼稚園教諭の中でも、転職サイトを利用したことがないという人は多いです。

そこで、転職サイトの有効な活用方法について記しています。