保育士や幼稚園教諭は研修へ行くことでレベルアップする

fabdd3a1b0df00e2eed8009f79414980_s

保育士や幼稚園教諭は、時間外での研修を課せられることがあります。日頃、仕事をするだけでも疲れてしまいますが、仕事後や休日に「研修へ行け」と言われるとげんなりしてしまう人も多いのではないでしょうか。

たとえ、研修が必要だと思っていても、「そんな内容聞いても意味がない」「もうわかっていることなのに、同じようなことを聞くなんて時間がもったいない」とネガティブに考えてしまう人も中にはいます。

しかし、保育士や幼稚園教諭がレベルアップするためには研修へ行くことが欠かせません。

そこで今回は、「保育士や幼稚園教諭は研修へ行くことでレベルアップする」について解説していきます。

⚫︎自分とは異なる意見を知ることができる

保育士や幼稚園教諭に向けた研修には、子どもたちを楽しませるような遊びなどの取り組みや他園での実践報告を考えるものなど多種多少です。

このような研修は、園内でも行うことがあるでしょう。しかし、他園の職員の生の声を聞くことは自分の見識を広げることになります。

もしかしたら、研修で教わる内容は、今まで自分が考えもしないことかもしれません。しかし、それらを鵜呑みにしたり、「この考え方はおかしい」と最初から受け入れなかったりするのは、とてももったいないことです。

なぜなら、自分とは異なる意見についてどのように考察するかが自分の保育や教育についての理解を深めることになるからです。

自分とは異なる意見を持つ人の話を聞き、そこから自分なりに考えを持つことは子どもや保護者と関わるときに必ず役立ちます。

しかし、これはただ園内で毎日の保育や教育を実践するのみでは身につかない力です。したがって、外部の研修に出る方がより自分の力量を高めることになるのです。

⚫︎興味のない研修にも参加してみる

研修に積極的に参加する人の中には、自分の好きな分野や得意なことのみを深める人もいます。それも悪いことではありません。自分のスキルを磨くことは自信につながりますし、研修に行くのが楽しめるのは素晴らしいことです。

しかし、その場合自分の興味のあることについてはどんどんレベルアップしますが、そうではないものに関してのスキルはなかなかあげられません。

つまり、研修に参加する際は、自分が今まで関心のないものであっても参加してみることは必要なのです。特に、保育や教育の情勢や制度を学ぶものは、今後自分たちの仕事の仕方や子どもたちにも大きく影響する場合があります。

また、知識やスキルは持っていて悪いことはありません。知識を持つことで、自分の言葉で保護者や同僚に説明することができるようになれば、それは信頼につながります。したがって、自己研鑽を積むのは信用にもなるのです。

このように、保育士や幼稚園教諭がレベルアップするためには、日々の保育や教育の実践や振り返りだけでなく、外部の研修は必ず必要です。研修を行くことで、自分とは異なる意見や実践方法を知ることができ、それが自分なりの保育や教育観へとつながります。

また、自分が興味がないものであっても、それが自分の知識を広げることになる場合もあります。そのため、ぜひ様々な分野の研修へ行ってみてください。

一方で、研修へ行くことで自分の時間が全くなくなってしまうのはおすすめしません。なぜなら、休息や自分の時間が確保できなくなることは、精神的に悪いことだからです。

確かにレベルアップしようとする気持ちは重要ですが、自分の体調を考慮してワクワクした気持ちで研修にのぞまなければ知識やスキルにはつながりません。

これにより、研修と自分の時間の調整は必ず行いましょう。

action
保育士・幼稚園教諭が転職を考えるとき、転職サイトを活用するとより自分の希望に沿う求人を見つけることができるようになります。自分一人では頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉まで行うのは現実的ではありません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できるだけでなく、施設や企業との交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって特徴が大きく異なります。例えば、電話だけの対応で素早さを重視する会社があれば、面接まで同行することで難しい案件への対応を得意としている会社もあります。他には、大手企業に強みを発揮する会社があれば、地方求人を多く保有している会社もあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページで転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

botton6

注目の人気記事

a1管理人による転職体験記
保育士・幼稚園教諭として、私が実際に転職サイトを利用して転職した経験を述べています。

見学の際に感じたことや、失敗した経験から、転職の際に必要だと感じたことなどを詳細に記しています。


a2転職サイト利用の流れ
転職サイトを活用するとはいっても、初めて利用する人がほとんどなので「どのような流れで進んでいくのか分からない」という不安が残ります。

実際には難しいことは何一つないのですが、どのような手順で進んでいくのかを解説しています。


転職サイトを有効活用する方法
a3良い求人を見つけ、転職を成功させるときは転職サイトの利用が一番の近道です。しかし、保育士・幼稚園教諭の中でも、転職サイトを利用したことがないという人は多いです。

そこで、転職サイトの有効な活用方法について記しています。