泣き止まない子供をあやす方法

a1

子どもたちの笑顔は何よりもかえられないものです。明るく笑う子どもたちの表情をみていると、大人まで頬がゆるんでしまいます。

しかし、子どもたちが泣き出してしまうと、泣きやまずに困ってしまったり、どうしたらいいか分からなくなったりした経験はないでしょうか。

一生懸命泣きやませようとしても全く効かない、それどころか逆効果になることもしばしばあります。。そんな経験をしたり、困っているお母さんやお父さんの姿をみたりしたことがある方も多いかもしれません。

そこでどのようにすれば、効果的に子どもをあやすことができるのかについて解説していきます。

⚫︎まず、大人が落ち着きましょう

子どもは笑ったり、怒ったり、泣いたりと一瞬のうちに感情が変化していきます。その行動だけをみていると、移り気でわがままに見えてしまうこともあるでしょう。

子どもと一生懸命向き合えば向き合うほど、「どうして自分の気持ちをこの子は受け入れないんだろう」とも悲しくなったり、時には「もう! いい加減にして!」と言いたくなりしてしまいます。

言葉での表現の仕方や感情の表出の仕方がまだまだ未熟な子どもたちにとっては、【泣く】ことでしか、複雑な思いを表現できないこともあります。

そこで子どもたちに向き合うときに、大人も一呼吸おいて、冷静になることが大切です

大人のことを、あなたが思っている以上に子どもたちはよくみています。

動揺、イライラ、悲しみなど、それらが子どもにそのままダイレクトに伝わるのです。

そこで一呼吸おいて、「この子はどんなことを思っているのか」を考えて、「あなたの味方だよ。話してごらん」とゆったりした気持ちで向き合うことで、子どもたちは、「自分はありのままで受けとめられているんだ」という気持ちを育んでいます。

すぐには泣きやまないかもしれません。

このとき、子どもたちにとって、向き合おうとしてくれている大人の存在は、必ず支えになっています。

それが、「この人がだいすき」という信頼感や「自分はこれで大丈夫」という自己肯定感につながっていきます。

⚫︎子どもの泣きたい気持ちに付き合ってみましょう

なんとか泣き止ませて、自分が気持ち良く生活したいと思うのは、誰もが思う心情です。

だからこそ、「なんとか泣き止ませたい」という思いに駆られることも多いのではないでしょうか。特に、公共の場では余計に焦ってしまうかと思います。

このときは泣いている理由を頭の中で巡らしながら、あやしたり、叱ってみたり、少しひいた立場で自分と子どもをみてみたり、いろいろな方法で向き合って、愛情を持って接している方がほとんどです。

ただ、子どもの笑顔を求めて、あの手この手を尽くしますが、なかなかうまくいかないのも事実です。大人は神経をすり減らして、疲れてしまうことも多くあるかと思います。

子どもたちの「泣き」には意味があり、それを解決してあげたり、思いを受けとめてあげたら気持ちが切り替わることもたくさんありますが、時には以下のようなケースもたくさんあります。

・ただ泣きたい

・思いを発散したい

一通り泣いたらすっきりして、大人が驚くほどあっさり気持ちを切り替えることもあるくらいです。

泣いている子どもたちに優しい眼差しを送りながら、泣きたい思いに付き合って、「子どもたちが自分で気持ちに折り合いをつけていける」ことも大切です。

子どもたちは、いつまでも泣いているわけではありません。そこに、優しく見守ってくれる大人の存在があって、自分で涙を止めるられるようになります。

このように、子どもが泣いているときは、まず大人が落ち着くことが重要です。その後、子どもの気持ちと向き合ってみましょう。泣くのをやめさせようとするよりも、そうした姿勢を示すことが子どもの良い感受性を育てることにつながるのです。

action
保育士・幼稚園教諭が転職を考えるとき、転職サイトを活用するとより自分の希望に沿う求人を見つけることができるようになります。自分一人では頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉まで行うのは現実的ではありません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できるだけでなく、施設や企業との交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって特徴が大きく異なります。例えば、電話だけの対応で素早さを重視する会社があれば、面接まで同行することで難しい案件への対応を得意としている会社もあります。他には、大手企業に強みを発揮する会社があれば、地方求人を多く保有している会社もあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページで転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

botton6

注目の人気記事

a1管理人による転職体験記
保育士・幼稚園教諭として、私が実際に転職サイトを利用して転職した経験を述べています。

見学の際に感じたことや、失敗した経験から、転職の際に必要だと感じたことなどを詳細に記しています。


a2転職サイト利用の流れ
転職サイトを活用するとはいっても、初めて利用する人がほとんどなので「どのような流れで進んでいくのか分からない」という不安が残ります。

実際には難しいことは何一つないのですが、どのような手順で進んでいくのかを解説しています。


転職サイトを有効活用する方法
a3良い求人を見つけ、転職を成功させるときは転職サイトの利用が一番の近道です。しかし、保育士・幼稚園教諭の中でも、転職サイトを利用したことがないという人は多いです。

そこで、転職サイトの有効な活用方法について記しています。