元気なあかちゃんを産むために注意したいこと

18ab21d18272b7fd5a94cbffb944b378_s

妊娠をすると、女性は元気なあかちゃんを産むために、健康に気を使います。なぜなら、「健康で元気に生まれてほしい」ということを願うからです。

また、現代では医療が進歩しています。かつてここまで医療が進歩するまでは、出産は女性にとって命をも脅かす大変なものでした。しかし、現代の先進国においては、無事に出産できる可能性はかなり高くなってきています。

それでも、元気なあかちゃんを出産するためには、妊娠しているときだけでなく、妊娠する前から注意しなくてはいけないことがあります。

そこで、「元気なあかちゃんを産むために注意したいこと」について解説していきます。

⚫︎妊娠を考えるならば体づくりをする

多くの場合、妊娠がわかってから健康に気をつけるようになります。もちろん、妊娠してからの健康管理は重要なことです。しかし、妊娠を希望するならば、妊娠をする前からの健康管理をすることで、元気なあかちゃんを産む可能性をさらにあげることができます。

なぜなら、妊娠をした瞬間から、胎児は母体の栄養素を必要としているからです。つまり、母親となる女性が妊娠していることに気がついていないときにも、胎児は母体の栄養素を利用して成長するということです。

これにより、もし、妊娠を希望しているならば、いつ妊娠をしても良いように準備をすることが必要です。このときの「準備」とは、女性が自分の健康管理を行い、「女性自身が健康な体になる」ということです。

そのため、妊娠前から、喫煙や飲酒は控える方が賢明でしょう。なぜなら、たばこの害は世界中に知れ渡っていることですし、酒類は飲む回数が増えれば、肝臓の機能に影響を与えます。

特に、妊娠中の喫煙による胎児への影響は、深刻なものです。もし、たばこを吸った場合、ニコチンや一酸化炭素などの有害物質が体内で吸収されます。その結果、血管を収縮させ、血液の循環を悪化させてしまうのです。

そして、子宮内の胎児に酸素が運ばれず、最悪の場合、流産や死産の恐れもあります。また、無事に生まれたとしても、新生児の低体重(出生体重2500g以下)や低血糖の危険性が高くなります。

この低体重や低血糖は、さまざまな合併症を引き起こす原因にもなるため、本当に元気なあかちゃんが生まれてくることを願うならば、禁煙は必ずするべきです。

つまり、妊娠は、「これまでの女性のライフスタイル(喫煙・飲酒・生活習慣)を変えてしまうことがある」と考えても過言ではない、重大なことです。

しかし、「今までの生活習慣を変える」とは、簡単にできるものではありません。それでも、女性は妊娠すれば、そうせざるを得ないのです。

なぜなら、妊婦の体はひとりだけのものではないからです。出産したときに、あかちゃんが健康であるか否かということは、妊娠中の生活の仕方が要因のひとつになることがあります。

そのため、避けられるリスクは避けましょう。明らかなリスクを回避することは、あかちゃんが元気に生まれてくるためにできる大切なことなのです。

⚫︎妊娠中のダイエットの弊害

妊婦の中には、産後太りを気にする人が大勢います。もちろん、体重をコントロールすることは必要です。なぜなら、妊娠中に10kg以上体重が増えてしまうということは、妊娠中毒症を引き起こすきっかけになり、胎児にも妊婦にも危険なことだからです。

しかし、先進国では、「スリムであること」が美しさの条件であるような風潮があります。そのため、妊娠中からあまり体重を増やさないように、ダイエットをする人がいるのです。

このダイエットの代表格になるのが「食事制限」です。実際に、食事制限を行えば、体重を制御することができます。これにより、鏡や体重計に表示される数字を見て、安堵する人もいるでしょう。

しかし、妊娠中のダイエットはするべきではありません。なぜなら、母体の栄養が減れば、それはそのまま胎児に影響するからです。

事実、母体が過度な食事制限を行うことで、低出生体重児の割合は増えます。この低出生体重の子どもの場合、将来心臓病や糖尿病などになる可能性が高くなるという説もあります。

そもそも、人間はそれぞれ体質も体型も、ひとりひとり違います。したがって、すべての女性に、妊娠中特別な食事制限が合っているわけではないということです。

それよりも、妊娠中こそ、栄養バランスの良い適度な食事を心がけ、あかちゃんが栄養不足にならないように注意することの方が重要です。

また、妊娠中は、体が動くときに外気に触れ、散歩などの適度な運動をすると良いでしょう。このことは、胎児にも刺激になりますし、それに加えて妊婦の下半身の筋肉と関節を丈夫にし、靭帯が柔らかくなるため、安産につながります。

このように、元気なあかちゃんを産むときには、母親自身の生活を見直したり、体型が変わってしまう不安が出てきたりすることがあります。

しかし、この妊娠期間の辛さや出産時の壮絶な痛みがあったとしても、可愛い我が子を抱いた瞬間に、「辛さや痛みが飛んで行った」と話す女性はたくさんいます。

確かに、生活習慣を見直す妊娠中や、出産時には痛みや苦しみはありますが、それよりも我が子を抱いたときの感動の方が大きいのです。

その感動を味わうためには、元気なあかちゃんを出産する必要があります。そのために、妊娠中に回避できる危険は取り除き、母親になる女性が元気で健康に過ごせることが大切なのです。

action
保育士・幼稚園教諭が転職を考えるとき、転職サイトを活用するとより自分の希望に沿う求人を見つけることができるようになります。自分一人では頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉まで行うのは現実的ではありません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できるだけでなく、施設や企業との交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって特徴が大きく異なります。例えば、電話だけの対応で素早さを重視する会社があれば、面接まで同行することで難しい案件への対応を得意としている会社もあります。他には、大手企業に強みを発揮する会社があれば、地方求人を多く保有している会社もあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページで転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

botton6

注目の人気記事

a1管理人による転職体験記
保育士・幼稚園教諭として、私が実際に転職サイトを利用して転職した経験を述べています。

見学の際に感じたことや、失敗した経験から、転職の際に必要だと感じたことなどを詳細に記しています。


a2転職サイト利用の流れ
転職サイトを活用するとはいっても、初めて利用する人がほとんどなので「どのような流れで進んでいくのか分からない」という不安が残ります。

実際には難しいことは何一つないのですが、どのような手順で進んでいくのかを解説しています。


転職サイトを有効活用する方法
a3良い求人を見つけ、転職を成功させるときは転職サイトの利用が一番の近道です。しかし、保育士・幼稚園教諭の中でも、転職サイトを利用したことがないという人は多いです。

そこで、転職サイトの有効な活用方法について記しています。