保育士が保護者へ行うべき懇談会の設定方法

bead0bd10d6e3f527ee8ed13a5979ffa_s

保育園でも幼稚園でも、一年の中で保護者と時間をとって話す機会があります。それは、個人懇談です。

個人懇談は、保護者は園で過ごす子どもの姿を知ることができ、園側も家庭での子どもの様子を教えてもらえる良い機会です。

しかし、この個人懇談は保護者と面と向かって話すため、若くて経験の少ない職員は、「緊張する」「苦手である」と考える保育士や幼稚園教諭も多いものです。

なぜなら、「自分と話をして保護者は話をして良かったと思えるのだろうか」ということを考えてしまうからです。

そこで、今回は「保護者が「話せて良かった」と思える個人懇談の方法」について解説していきます。

⚫︎保護者の話を「聞く」機会だと考える

保育の経験年数が積み重なり、保育士も「中堅」や「ベテラン」と呼ばれる域になってくると、子ども自身が抱えている課題が見えてきます。

そして、普段なかなか話す事が出来ない保護者にほど「子どもの集団生活での課題を伝えよう」としてしまう人も中にはいます。しかも、ほとんどが保育士の話で終わってしまう、という事もあります。

一方、個人懇談だけでなく、保護者と話をすることに慣れていない経験の少ない職員の場合は、一生懸命伝えることを記入して臨む人もいます。

もちろん、保護者も園での姿を知りたいと思っていますが、個人懇談は園のことだけを伝える場ではありません。なぜなら、家庭での子どもの姿や家族の様子を聞くことで、保護者が本当に困っていることが見えてくることがあるからです。

したがって、まずは保護者の話をよく聞くようにすることが大切です。人は、自分の話を聞いてもらい、「この人は自分の話をきちんと聞いてくれる」と思わなければ、本当の思いを話してくれることはありません

そのため、保護者の話を聞き、相槌を打ち、その上で自分の意見を入れていくことがポイントです。

⚫︎子どものことをどう考えているのかをあらかじめ明確にしておく

個人懇談を行うにあたり、中には集団の中で目立つタイプの子どももいます。「その子の保護者にどのように伝えるか」については、悩む人も多いのではないでしょうか。

また、保護者側も普段園での生活をずっと見ているわけではありません。したがって、「先生から何か子どものことで言われたらどうしよう」と構えている保護者もいるのです。そして、誰しも「あなたの子どもは問題児だ」とは言われたくはないものです。

もちろん、そのように率直に伝える人はいないでしょう。なぜなら、これは保育士にとっても伝えづらい内容だからです。

しかし、それでも現状を伝えずにいることで、後々困るのは保護者と子どもです。それは、例えば、すぐに手が出てしまう子の場合、もし友達とトラブルになった時に保護者が「園から何も聞いていない」となると、園と保護者の信頼関係は一気に崩れてしまいます。

そのため、伝えなければいけないことは、保護者の話を丁寧に聞き取りながらきちんと伝えることを心がけることが大切です。

その時に、ポイントになることがあります。それは、「問題がある」ということを伝えるだけではいけないということです。それだけを伝えてしまうと、保護者は「うちの子は、先生に可愛がってもらえていないのではないか」と不安に感じてしまいます。

たとえ、集団の中で目立つ行動があったとしても、どの子も保育士が愛情を持って見ていることが伝わるようにしなければなりません

つまり、子どもの課題だけを捉えるのではなく、その先を見越した保育士側のアプローチとそれを行うことにより子どもの良さがどのように伸びていくのかを伝えられるようにすることが大切です。

これにより、子どもをどのように捉え、自分が保育をしていくのかについて明確にしておく必要があるのです。

このように、保育士だけでなく、保護者にとっても個人懇談会とは緊張するものです。その時に、保護者の話を丁寧に聞くような話しやすい雰囲気作りは不可欠です。

なぜなら、保育士は「懇談会だからこそ」と話をしたい内容を盛り込んでしまうこともありますが、保護者と話をするのは懇談会だけではないからです。

むしろ、懇談会は保護者が「この先生は話しやすい」と感じられるようなきっかけ作りだと考えましょう。

また、伝えたいことがあるときには子どもの姿をどのように捉えているのかについて明確にしておくことが大切です。そして、「子どもひとりひとりは違う課題を抱えているけれど、私はこの子のことが大好き!」と保護者に伝えることで、保護者は安心します。

それは、「先生にこれだけ愛されているなら、園に安心して預けられる」と感じるからです。つまり、保護者が「話せて良かった」と思える懇談会の秘訣は、「我が子がどれだけ先生や園の中で大切にされ、愛されているか」を伝えることなのです。

action
保育士・幼稚園教諭が転職を考えるとき、転職サイトを活用するとより自分の希望に沿う求人を見つけることができるようになります。自分一人では頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉まで行うのは現実的ではありません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できるだけでなく、施設や企業との交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって特徴が大きく異なります。例えば、電話だけの対応で素早さを重視する会社があれば、面接まで同行することで難しい案件への対応を得意としている会社もあります。他には、大手企業に強みを発揮する会社があれば、地方求人を多く保有している会社もあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページで転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

botton6

注目の人気記事

a1管理人による転職体験記
保育士・幼稚園教諭として、私が実際に転職サイトを利用して転職した経験を述べています。

見学の際に感じたことや、失敗した経験から、転職の際に必要だと感じたことなどを詳細に記しています。


a2転職サイト利用の流れ
転職サイトを活用するとはいっても、初めて利用する人がほとんどなので「どのような流れで進んでいくのか分からない」という不安が残ります。

実際には難しいことは何一つないのですが、どのような手順で進んでいくのかを解説しています。


転職サイトを有効活用する方法
a3良い求人を見つけ、転職を成功させるときは転職サイトの利用が一番の近道です。しかし、保育士・幼稚園教諭の中でも、転職サイトを利用したことがないという人は多いです。

そこで、転職サイトの有効な活用方法について記しています。