保育士や幼稚園教諭が保護者との付き合いで疲弊しない方法

61a86c2c80abe233ca66815475f08dbc_s

保育士や幼稚園教諭が一番心をすり減らすことは、何でしょうか。

それは、保護者との関わりです。もちろん、良好な関係がつくれることもあるのですが、保護者から言われるクレームや苦情は保育士や幼稚園教諭にとって一番ショックを受けることになります。

現代においては、モンスターペアレントやヘリコプターペアレントという言葉も出てくるほど、保護者との関わりに苦労している保育士や幼稚園教諭は大勢います。

これが原因で、精神的に追い詰められたり、退職を余儀なくされてしまったりするケースも後を絶ちません。

そこで、今回は「保育士や幼稚園教諭が保護者との付き合いで疲弊しない方法」について解説していきます。

⚫︎保護者と価値観が違うことは当然であると自覚する

保護者と信頼関係を築こうと思えば、真剣にその話に耳を傾けるのは当然です。また、クレームや苦情は改善することが必要ですし、不快な思いをさせてしまったことについては謝罪も必要でしょう。

しかし、あまりにも保護者の話を深刻に聞きすぎてしまい、「私が全て悪い」と抱え込んでしまうのは精神的に追い詰められるきっかけになります

また、保育や教育は職員が生きてきた価値観そのものが反映されるため、クレームや苦情を言われると自分を全否定されたように感じるため、大きなショックを受けるのです。

ですが、そもそも、保護者と職員は、「子どもを育てる」という目的は一致していたとしても、今までの生活歴や環境には大きく違いがあります。したがって、その価値観には大きな差があって当然なのです。

つまり、改良できる点や反省点はありがたい言葉として受け取れば良いのですが、保護者の意見が全てではないということです。

そして、価値観の違いにより、相手が自分のやり方に対して疑問を持つことはある意味当然であると自覚することが重要です。そうすることで、「全て自分が悪いわけではない」と思えますし、保育や教育で大切にしたいところが揺らがなくなります。

⚫︎他の職員に間に入ってもらう

保護者との関わりを続けていくためには、一人で何もかも解決しようとは思わないことです。また、どのようなことであっても、情報を職員間で共有しましょう。

なぜなら、自分ではさほど問題だとは感じていなくても、他の人から見たら大きな問題に発展する可能性があると判断する場合があるからです。

つまり、物事を複数で考えることは、起こりうる問題の芽をつむ可能性が高まるのです。

特に、保育士や幼稚園教諭が相手にしているのは人です。これにより、相手の動きをすべて予測することは不可能です。

また、保護者から見た場合も同様です。担任の職員だけが関わるよりも、様々な職員から声をかけられると安心感を持つのです。

そのため、「担任だから」と考えて一人で対応するのではなく、時には他の職員に間に入ってもらうことで自分自身も焦らず保護者と向き合えます。

保育士や幼稚園教諭は、真面目な人が非常に多いため、「自分はもう◯年目だから」「中堅職員だから」と思って自分の力で解決しようと思いがちです。

しかし、保育や教育は個人プレーでは完結しません。施設全体の子どもを職員と保護者全員で見守り、育てるチームプレーなのです

「助けて」ということは、何も恥ずかしいことではありません。周りの力を借り、より良い形で保護者との関係を作りましょう。

このように、保育士や幼稚園教諭にとって保護者との関わりは切り離して考えられません。

しかし、現代では保護者自身も生活や子育ての不安を抱えていたり、精神的に追い詰められたりしているため、関係を築くことが20年前と比べても難しくなっていると言われています。

そのため、保護者の捉え方や関わり方は施設全体できちんと考える必要があるのです。一人の職員に任せてしまうことは、後々大きな問題になる可能性もあります。

つまり、施設全体で保護者を支えていくことが、教育や保育に今必要とされているのです。

そして、それが保育士や幼稚園教諭が疲弊しないための手段でもあるのです。

action
保育士・幼稚園教諭が転職を考えるとき、転職サイトを活用するとより自分の希望に沿う求人を見つけることができるようになります。自分一人では頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉まで行うのは現実的ではありません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できるだけでなく、施設や企業との交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって特徴が大きく異なります。例えば、電話だけの対応で素早さを重視する会社があれば、面接まで同行することで難しい案件への対応を得意としている会社もあります。他には、大手企業に強みを発揮する会社があれば、地方求人を多く保有している会社もあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページで転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

botton6

注目の人気記事

a1管理人による転職体験記
保育士・幼稚園教諭として、私が実際に転職サイトを利用して転職した経験を述べています。

見学の際に感じたことや、失敗した経験から、転職の際に必要だと感じたことなどを詳細に記しています。


a2転職サイト利用の流れ
転職サイトを活用するとはいっても、初めて利用する人がほとんどなので「どのような流れで進んでいくのか分からない」という不安が残ります。

実際には難しいことは何一つないのですが、どのような手順で進んでいくのかを解説しています。


転職サイトを有効活用する方法
a3良い求人を見つけ、転職を成功させるときは転職サイトの利用が一番の近道です。しかし、保育士・幼稚園教諭の中でも、転職サイトを利用したことがないという人は多いです。

そこで、転職サイトの有効な活用方法について記しています。