保育士・幼稚園教諭が転職サイトを活用するときのポイント

fb58584fa57790cf734f07948ed1f719_s

保育士や幼稚園教諭が転職を行う際、知人の紹介などによって転職活動を行う人は数多くいます。これは、「実際にその職場に勤めている人から働く先の雰囲気を確認したうえで、転職・就職するかどうかを判断したい」というのが理由でしょう。

しかし、このような方法で転職活動をする場合、 その就業先が必ずしも自分が望む条件であるとは限りません。知人に合う条件であっても、あなたにピッタリかどうかは分からないのです。

さらに、知人の紹介で入った職場が自分の希望とはかけ離れていたものであった場合、「知人が紹介してくれた職場だから、辞めたくても辞められない」というジレンマに陥る危険性が高いです。

そのため、保育士・幼稚園教諭が転職活動を行う場合、転職サイトを活用するのが基本です。

転職サイトは無料で利用できる上に、担当者(アドバイザー)があなたの希望条件にあった就職先を探して紹介してくれるため、自分に合った就職先を効率的に探すことができます。

もちろん、利用する転職サイトによって、得意とする分野が異なります。そのため、転職サイトを利用する際には、使用しているサイトの特徴を知っておく必要があります。そのことを理解していることによって、良い就職先が見つかる可能性が高くなるからです。

そこで今回は、保育士や幼稚園教諭が転職サイトを利用する際に注意すべき点を紹介していきます。

転職サイトは必ず複数利用する

保育士や幼稚園教諭が転職サイトを利用する際には、3つ以上のサイトに登録する必要があります。

その理由は、大きく分けて2つあります。

まず1つ目の理由として、「転職会社によって強みが異なる」ことが挙げられます。

例えば、「求人数の数が桁違いに多い」ことをアピールしている会社があれば、「保育士や幼稚園教諭経験者の専門キャリアアドバイザーを用意している」などの特徴を売りにしているところもあります。

実際、求人数の数をアピールしている会社では、持っている求人の数が他のサイトと比べ物にならないほど多いです。保有求人の8割以上は、登録しないと見られないといった「非公開情報」です。つまり、あなたがネットで調べても出てこないような求人をたくさん用意しているのです。

一方で、専門のアドバイザーを用意してくれる転職サイトであれば、専門家の目線であなたの強みを見出した上で適切な職場を発掘してくれます。

どの転職サイトが合っているのかについては、人によって異なります。これについては実際に経験しないと分からないため、複数の転職サイトに登録をして活用する必要があります。

そして2つ目の理由は、「登録が1社であると、アドバイザーがサボってしまう可能性がある」ということです。

私もこの業者の内側を見て初めて知ったことなのですが、1つのサイトしか利用していない場合、アドバイザーは「自社で転職先を決めるだろうから、頑張らなくてもいいだろう」と考える傾向にあります。ただ、よく考えればこれは人間心理として当然だといえます。

そのため、複数社に登録することで互いに競わせた方が、アドバイザーの頑張りや真剣度が高まります。そうなると、それぞれの会社が自分たちのサービスを利用してもらおうと考え、多くの良い求人情報を見つけ出してくれます。

また、転職における就職先は、今後の人生を左右する程の選択になります。そのような重大な決定を1社だけの紹介で決めるのは危険です。

もしかしたら、別のサイトに登録しておけば、もっといい条件の就職先に出会えたかもしれません。それによって、転職先のミスマッチが起こってしまったら最悪です。

この場合、「こんな職場だとは思わなかった……」と悩むようになり、再び転職をしなければならなくなります。あるいは、過酷な労働によって体を壊してしまう危険性もあります。

そのため、転職サイトを利用するとき、必ず3社以上は登録するようにしましょう。そして、それぞれの会社をしっかりと比較するようにして下さい。

担当者の性格、相性の判断は運次第

さらに、良い転職サイトであっても、担当者があなたと相性が良いかまではわかりません。これに関しては、実際に話してみたり会ってみたりしなければ何とも言えないのが正直なところです。

担当者の中には、あなたの希望と全く合わないような就職先を強引に勧めてくる人もいます。そのような場合は、他の転職サイトに依頼するか、担当者を変わってもらうように相談する必要があります。

あなたの次の就職先は、もしかしたら退職するまで勤める会社になるかもしれません。そのような選択を、あなたと意見が合わない担当者に左右されるのは危険です。

そのため担当者と合わない場合、はっきりと伝えるか、もしくは割り切って他のサイトを利用するようにしてください。ここで遠慮してしまうと、あなたの人生やキャリアに暗い影を落としてしまいます。

転職サイトは遠慮なく利用する

転職サイトへ登録した場合は、あらゆる条件を細かく伝えるようにしましょう。「給料面」や「休日数」はもちろんのこと、「交通面(通勤時間)」や「転勤の有無」など、できるだけ細かい条件まで伝えることが大切です。

このような転職サイトは、確かに無料で活用できます。ただ転職サイトは、あなたを紹介することで、紹介先から多額の紹介料をもらうというビジネスモデルになっています。

そのため、あなたが遠慮する必要は全くありません。あなたは初めから本音をすべて伝えて、自分の希望に合った就職先を紹介してもらいましょう

あなたが本心から希望する条件を伝えることで、担当者との関係性も良くなります。相手も人ですので、自分の本音を話した方がピッタリの求人を短時間で探せるようになり、仕事がはかどるので間違いなく親切にしてくれます。そして、結果的に優良な就職先の紹介につながります。

また、本音を話すことで、自分と担当者の相性が合うかどうかの判断がつきます。自分の条件を正確に伝えたときに、条件にあった就職先を紹介してくれる担当者は相性が合っていると考えることができます

一方、こちらが希望する条件を伝えても、希望とは異なる転職先ばかりを紹介するような人であれば、すぐに担当者の変更を依頼しましょう。

また、前述の通り転職サイトによって得意分野は変わります。「高額求人の紹介を得意とするところ」があれば、「地方の求人紹介を得意とする会社」もあります。

さらに、「面接で同席してくれる」「年収交渉をしてくれる」など、密接な対等サービスを売りにしているところもあります。転職サイトを選択する際には、そのような独自のサービスも確認した上で、有効に活用しましょう。

このように、転職サイトは必ず複数社利用するようにして下さい。そして、転職サイトの担当者には本音をすべて話し、一切遠慮せずに活用するようにして下さい。そうすることで、結果的にあなたにとって良い転職につながります。

しかし、転職サイトの特徴や活用方法が分かったとしても、「具体的にどの転職サイトを使えば良いか」までは分かりづらいです。

そこで、次のページで「それぞれの転職サイトの違いや強み」について述べていきます。このことを理解したうえで転職サイトを利用すれば、あなたが希望する転職先をさらに見つけやすくなります。

転職サイトの特徴と違い