病児保育室で働く保育士の仕事

055191688b4215f639c67417d32230b8_s

「病児保育」という言葉は、現代の働く保護者にとって強い味方です。病児保育とは、その名の通り、保育園や幼稚園などでは預かれない熱を出したり、感染症に罹ったりした子どもを預かる施設です。

この施設は、インフルエンザやヘルパンギーナなど季節的に流行する感染症の子どもでも、診察を終えれば預かってもらうことができるため、どうしても仕事を休むことができない保護者にとってなくてはならない場所になっています。

そして、病児保育を行う施設が増えるということは、それに伴ってそこで働く職員も必要になります。そこでは、保育士も活躍しているのです。

そこで、今回は「病児保育室で働く保育士の仕事」について解説していきます。

⚫︎日によって利用する子どもが違うので個別対応が必要

病児保育とは、以下の3つの施設形態に分けることができます。

・医療施設併設型:クリニックや病院に併設している施設。この形態が一番多いとされています。病院が併設されているので、症状が重い子どもでも受け入れを行います。

・保育所併設型:保育園に併設されています。隔離が必要な病気や急性期の場合は受け入れができませんが、比較的軽い症状ならば受け入れを行います。

・独立型:NPO法人や企業などが運営する単独の病児保育室です。子どもの受け入れ基準は、施設により異なります。今後、施設数は増えていくと期待されています。

この中の保育所併設型では、その保育所に通う子どもを受け入れますが、他の2つは保護者の申し込みがあった時に利用をします。したがって、保育園のように毎日同じ子どもが来るわけではないのです。

また、利用する子どもは、感染症や風邪症状など、保育園では受け入れができない症状の子どもたちです。そうなると、慣れない環境で体調も悪いため、1日中機嫌が悪かったり、泣いていたりすることも珍しくありません。

中には、何度も通っているうちに職員の顔を覚えてくれる子どももいますが、日によって預かる子どもは変化し、さらに病気の症状もひとりひとり異なるため、個別対応が必要とされるのです。

⚫︎職員に求められるのは体調管理

先述のように、子どもたちへの病状への配慮や個別対応を求められる病児保育室での仕事ですが、基本的に預かる人数は多いわけではありません。

また、「保育」には変わりありませんが、保育園とは違い「療養」がメインに考えられるため、遊ぶ場合で体調が良い時に室内で静かに遊ぶため、体力は保育園で働く保育士ほど消耗しないと言われています。

そのため、「体力に自信がない」「大人数の子どもたちを担任することは自信がない」という人でも、病児保育のゆったりとした環境ならば保育士としてその人らしさを発揮することができます。

そして、「子どもたちに安心感を与え、その日1日の安全と発達を保障する」という点は、保育士の専門性を十分に生かせる職場と言えるでしょう。

一方で、急な病児保育室利用の子どもがいても、保護者が安心して預けられる条件は「職員体制が整っている」ということです。なぜなら、保育園と同じように病児保育室でも職員の配置基準が決まっているからです。

これにより、職員がきちんと配置されていない状況では、子どもたちを受け入れることができません。したがって、職員自身の体調管理が必要になるのです。

病児保育室を利用するのは、病気の子どもたちです。そのため、職員が子どもの感染症に罹患することも十分に考えられます。これは、保育園の保育士も同じですが、病気の子どもたちを相手にする病児保育室の保育士は一層注意しなければならないのです。

このように、病児保育室で働く保育士の需要は、共働き世帯やシングル家庭が増えるほど必要になってきます。中には、「病気の時くらい、子どもと一緒にいてあげればいいのに」という人もいますが、まさにその通りです。

もちろん、保護者も病気の時に我が子に付き添ってあげたいと思っています。しかし、現代の日本で、子どもを安心して預けられる親類がそばにいない限り、難しい現状があります。

例えば、年契約の人であれば、子どもが熱を出すたびに休んでいたら、次の契約更新をしてもらえないかもしれません。

また、正社員でも休みが何度も続けば、職場で気まずい思いをしてしまいます。「そこまで休むなら、パートになったら?」と嫌味を言われ、それでも歯を食いしばって職場で働き続ける人も多いものです。

それで、仕事をやめてしまえば、生活が立ち行かなくなる状況では、病児保育室を使わざるをえないのが現代の保護者の立場です。しかし、病児保育室には、子どもに安心感を与える保育士と看護師がいてくれます。

そのため、保育士の求められることは、保護者が安心して子どもを預けられるように、保育士自身が元気でいることと、慣れない場所で不安な思いをしている子どもが安心できるようにきめ細やかな個別での対応を行っていくことなのです。

action
保育士・幼稚園教諭が転職を考えるとき、転職サイトを活用するとより自分の希望に沿う求人を見つけることができるようになります。自分一人では頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉まで行うのは現実的ではありません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できるだけでなく、施設や企業との交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって特徴が大きく異なります。例えば、電話だけの対応で素早さを重視する会社があれば、面接まで同行することで難しい案件への対応を得意としている会社もあります。他には、大手企業に強みを発揮する会社があれば、地方求人を多く保有している会社もあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページで転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

botton6

注目の人気記事

a1管理人による転職体験記
保育士・幼稚園教諭として、私が実際に転職サイトを利用して転職した経験を述べています。

見学の際に感じたことや、失敗した経験から、転職の際に必要だと感じたことなどを詳細に記しています。


a2転職サイト利用の流れ
転職サイトを活用するとはいっても、初めて利用する人がほとんどなので「どのような流れで進んでいくのか分からない」という不安が残ります。

実際には難しいことは何一つないのですが、どのような手順で進んでいくのかを解説しています。


転職サイトを有効活用する方法
a3良い求人を見つけ、転職を成功させるときは転職サイトの利用が一番の近道です。しかし、保育士・幼稚園教諭の中でも、転職サイトを利用したことがないという人は多いです。

そこで、転職サイトの有効な活用方法について記しています。