災害弱者へのボランティア活動で期待されること

abf754d68cff4353cae553d92b3ebd2f_s

世界では、地震や洪水、豪雪などの自然災害により、被災して避難生活を余儀なくされている人が大勢います。どれだけ文明が進歩しても、人間は自然には敵わないものです。

それでも、災害が起こった地域には、被災した人々の力になるためにたくさんの物資が運ばれ、被災地を支援するボランティアがやってきます。

このボランティアの存在は、「自分たちを気にしてくれている人がいる」と被災者にとても喜ばれています。

災害時、ボランティアは瓦礫の撤去や家屋の片付けなど、多岐にわたって活躍しています。

しかし、災害時には誰もが大変な状況になります。このため、障害児・者、高齢者まで支援が行き届かないことがあります。

また、障害児・者や高齢者は、通常の避難所では生活が困難な場合が多いため、彼ら彼女らをサポートする専門のスタッフが必要です。これらの人々は「災害弱者」と呼ばれ、支援を求める声が高まっています。

そこで、今回は「災害弱者へのボランティア活動で期待されること」について解説していきます。

⚫︎専門性の高い人が必要

先述のとおり、障害児・者、高齢者の中には通常の避難所では生活が難しい人がいます。そのため、「福祉避難所」と呼ばれる避難弱者専用の避難所を設けるケースが増えてきました。

このような避難弱者と呼ばれる人々には、生活全般の援助を必要とする人がほとんどです。

また、知的障害や発達障害を持つ人の中には、いつもと違う状況に非常に精神的に不安定になったり、パニックになったりする場合があり、その人たちをどう理解するかという姿勢が最も重要となります。

したがって、避難弱者が安心して生活をるためのサポートするためには、ある程度専門知識を持ったボランティアが必要になります。

また、専門知識を持つ人が現場でリーダー的な役割を担うことが期待されています。なぜなら、災害時は、ボランティアがたくさんやってきますが、指示を出せる人がいないと何をしたら良いのかわからない人であふれてしまうからです。

つまり、被災者の支援を円滑に進めるために、現場では司令塔的な役割ができる人を強く求めているのです。

このような役割を果たすためには、より高度な専門性とコミュニケーション能力が必要です。ですが、こういった人物が一人でも多くいることで初めて、災害弱者と呼ばれる人々は安心して避難生活できるようになるのです。

⚫︎長くボランティア活動ができること

高い専門性を求められる災害弱者へのボランティア活動ですが、一番現場で喜ばれることは長くボランティア活動ができることです。

なぜなら、災害弱者への支援を行う場合、対人援助が主になるからです。

例えば、食事や排泄の介助などは、信頼関係がないと成り立ちません。人の入れ替わりが激しくなることで、支援される側は常に緊張していなければならないのです。

しかし、一番難しいのが「ボランティアの長期滞在」です。ボランティア活動で仕事や学校を休むことが認められている場合は別ですが、多くのボランティアは自分の休日を使用して活動を行っています。

そのため、同じ人物が連続的な支援を行うことが難しいのです。

現場の支援で一番望ましいとされているのが、被災者とともに生活をし、刻一刻と変化する被災地で必要とされる支援を考え、実行することです。これを行うためには、短くても一週間はボランティア活動を続ける必要があります。

ただ、ボランティア活動において中心となるのは、若い世代です。つまり、社会の働き手となっている人々です。そうなると、彼ら彼女らにも生活や仕事があるため、ボランティア活動に専念することができないのです。

ですが、「ボランティア活動をしたい」と考え、行動することによって救われる人は大勢います。

長期活動できるボランティアは大変ありがたい存在ですが、期間だけでなく「誰かのために」と考え、自分にできることを精一杯行うことが被災者にのためになることなのです。

このように、人類はこれまで長い歴史の中で、数多くの自然災害を体験してきました。これらのたくさんの教訓から「福祉避難所」も生まれました。ですが、まだ充分とは言い切れません。

災害時の記憶は、時の流れとともに薄れていってしまうことが懸念されています。災害弱者への取り組みはまだ始まったばかりですが、ボランティアをどうやって組織していくのかについては、私たちみんなで考えていく必要があります。

action
保育士・幼稚園教諭が転職を考えるとき、転職サイトを活用するとより自分の希望に沿う求人を見つけることができるようになります。自分一人では頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉まで行うのは現実的ではありません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できるだけでなく、施設や企業との交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって特徴が大きく異なります。例えば、電話だけの対応で素早さを重視する会社があれば、面接まで同行することで難しい案件への対応を得意としている会社もあります。他には、大手企業に強みを発揮する会社があれば、地方求人を多く保有している会社もあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページで転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

botton6

注目の人気記事

a1管理人による転職体験記
保育士・幼稚園教諭として、私が実際に転職サイトを利用して転職した経験を述べています。

見学の際に感じたことや、失敗した経験から、転職の際に必要だと感じたことなどを詳細に記しています。


a2転職サイト利用の流れ
転職サイトを活用するとはいっても、初めて利用する人がほとんどなので「どのような流れで進んでいくのか分からない」という不安が残ります。

実際には難しいことは何一つないのですが、どのような手順で進んでいくのかを解説しています。


転職サイトを有効活用する方法
a3良い求人を見つけ、転職を成功させるときは転職サイトの利用が一番の近道です。しかし、保育士・幼稚園教諭の中でも、転職サイトを利用したことがないという人は多いです。

そこで、転職サイトの有効な活用方法について記しています。