不要な衣類を寄付するときに注意したいこと

cd5cfb725cf1ca5caae9361aec0c4236_s

発展途上国や大きな災害があったときに、「いらなくなった衣類を送ろう」というキャンペーンが行われることがあります。「不要な衣類が誰かの役に立つなら大歓迎」という人もいれば、「ちょうど整理するところだったから」という人もいるでしょう。

どんな理由があったとしても、衣類が必要とされている人の元へ届けられるのであれば、喜ばれることです。

しかし、「不要」になった衣類を送る場合、その衣類に対して注意点するべき点があります。また、迅速に必要としている人の元へと送られるためには、不要となった衣類を持ち込む人にも注意するべきことがあります。

そこで、「不要になった衣類を送る場合に、どんなことに注意したら良いのか」について解説していきたいと思います。

⚫︎衣類として使えるものを持ち込む

これは「最低限」のことですが、意外とできていないことです。回収された衣類は、そのまま送られることもありますが、選別が必要なときがあるのです。

その理由は、「衣類として機能していないものが混じっている場合」があるからです。少しほつれている位ならば、まだ着ることができますが、破れていたり、ひどく型崩れをしていたりすることがあります。

持ち込んだ人からしたら、同じ「不要品」だからと思っているかもしれません。「廃品回収」と思っている人もいるでしょう。廃品回収であれば、衣類として機能しないものでも持ち込むことができます。

しかし、「誰かの役に立てよう」という場合は、役に立つものを用意しなければ意味がありません。むしろ、廃品同然の衣類を持ち込んだことによって、選別する作業が必要となれば、その分だけ必要としている人の元へ届くのは時間がかかります。

もし、選別することなく送られた場合、送られた先の人々が廃品同然の衣類をみたら、「どう思う」でしょうか。「送ってもらえるだけありがたい」と思うかもしれませんが、廃品同然のものは、長持ちすることがありません。

「送ってやってるのだから、どんな状態でも我慢しろ」というのは、あまりにも傲慢です。確かに、寄付をすること自体はとても素晴らしいことです。しかし、その先にいる相手のことを考えることができたら、送った先の人々にもっと喜ばれます。

クリーニングにまで出す必要はありませんが、不要品として寄付するときには、「この衣類は、着ることができるのか」「自分がもらったときに、どう思うか」ということを考えて選別することが大切です

⚫︎衣類に印字された文字に注目してみる

普段、何気なくみている衣類にプリントされている文字の中には「Fuck!」「HELL」など、その文字を母国語としている人からみたら、驚くものもあります。

日本では、某アイドルが「Little Boy(原子爆弾の名前)」と印字されたTシャツを着てイベントに参加し、物議を醸したことがありました。衣類は、ときとして、その人の主張だと思われてしまうことがあるのです。

そのため、衣類を選別する際に、少し印字されている文字に注目してみると良いでしょう。意外と子ども用のものでも、過激な言葉が書いてあることがあります。

衣類を寄付するときには、一斉に送られるため、どの地域に配送されるのかは、分かりません。そのため、プリント文字をみて、不快になる人がいるかもしれないのです。

衣類を購入するときには、デザインや着心地に目がいくことは多いです。しかし、印字された言葉に注目することで、寄付をするときに、安心して送ることができるのです。

災害のときの緊急時や、発展途上国への定期的な衣類の送付は、とても喜ばれることです。そのときに、「衣類として機能しているものを選ぶ」ことで、その地域で長く着用してもらうことができます。

そして、細かいことですが、プリント文字が過激な言葉であれば、それを取り除いたものを送る方が好ましいでしょう。これによって、送った先の人に気持ちよく着てもらうことができるからです。

「困っている人のために」という素晴らしい志に、上記のような「思いやり」の気持ちを込めることで、さらに、送った先の人々に喜ばれることでしょう。

action
保育士・幼稚園教諭が転職を考えるとき、転職サイトを活用するとより自分の希望に沿う求人を見つけることができるようになります。自分一人では頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉まで行うのは現実的ではありません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できるだけでなく、施設や企業との交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって特徴が大きく異なります。例えば、電話だけの対応で素早さを重視する会社があれば、面接まで同行することで難しい案件への対応を得意としている会社もあります。他には、大手企業に強みを発揮する会社があれば、地方求人を多く保有している会社もあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページで転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

botton6

注目の人気記事

a1管理人による転職体験記
保育士・幼稚園教諭として、私が実際に転職サイトを利用して転職した経験を述べています。

見学の際に感じたことや、失敗した経験から、転職の際に必要だと感じたことなどを詳細に記しています。


a2転職サイト利用の流れ
転職サイトを活用するとはいっても、初めて利用する人がほとんどなので「どのような流れで進んでいくのか分からない」という不安が残ります。

実際には難しいことは何一つないのですが、どのような手順で進んでいくのかを解説しています。


転職サイトを有効活用する方法
a3良い求人を見つけ、転職を成功させるときは転職サイトの利用が一番の近道です。しかし、保育士・幼稚園教諭の中でも、転職サイトを利用したことがないという人は多いです。

そこで、転職サイトの有効な活用方法について記しています。