子どもの夢を叶える「チャリティーサンタ」

2fc622c8c49fb12aba0b411b2f70ecfe_s

子どもの頃、「サンタさんからプレゼントをもらいたいな」と、夢に見た人は大勢いるのではないでしょうか。家庭を持つ人の中には、「子どもがサンタクロースからプレゼントをもらえたら、喜ぶだろうな」と考える人もいるでしょう。

子どもの夢を叶える活動をしているNPO団体があります。それは「チャリティーサンタ」です。「チャリティーサンタ」とは、クリスマスの日のサンタクロースを各家庭に派遣してくれるものです。

子どもたちの喜ぶ顔が見られる上に、社会貢献につながるということで、徐々に活動が広がっています。

そこで、「チャリティーサンタ」について解説していきます。

⚫︎子どもに夢を与えることができる

家庭では、お父さんやおじいちゃんなど家族がサンタクロースに扮して、子どもたちにプレゼントを届けにくるイベントをすることがあるかもしれません。「サンタさんが来てくれた」ということで、子どもたちはとても喜びます。

しかし、子どもは大きくなると、家族の誰かが「サンタクロースになっている」ということに気がつきます。それは成長した証拠ですが、「もっと夢を持っていてもらいたい!」というときに、「チャリティーサンタ」の活用をすることができます。

チャリティーサンタは、ただプレゼントを運んでくるだけではありません。子どもの名前を呼び、「頑張ったこと」、「できるようになったこと」などメッセージを一緒に届けてくれます。子どもが、直接サンタクロースと会話することができるのです。

そして、子どもがいつかサンタクロースを信じなくなったときに、子どもに渡せる「サンタクロースからの手紙」をもらうことができるのです。「サンタクロースが来てくれた」ということで、子どもにとって、忘れられない特別なクリスマスになることでしょう。

⚫︎大人はサンタクロースとして活動をすることができる

チャリティーサンタは、子どもだけのイベントではありません。大人も男女・年齢関係なくサンタクロースになることができます。しかも、活動するのは、クリスマスイブだけです。(事前のサンタクロース講習や、衣装製作などはあります)

チャリティーサンタになるための条件は、「誰かのために何かしたい気持ちがあること」、「クリスマスイブの日に活動できること」、「子どもに夢を与えたいと思っていること」です。

活動期間が長くないことと、変装をするため、気恥ずかしさが少なくなる点では、ボランティアをしたい人にとって、チャリティーサンタは始めやすい活動ではないかと思います

しかし、「子どもに夢を与える」以上、注意事項を守らなくてはなりません。「家庭を訪問して、子どもを前にしたら頭が真っ白になってしまった」ということもあり得る話です。事前講習を受けるだけでなく、自分の頭で内容を整理しておく必要があります。

一方で、それができれば、誰もがチャリティーサンタになれます。「クリスマスはひとりぼっちだから、虚しい気持ちになる」という人は、「自分が、誰かに笑顔を届けに行く」という方法があります。

⚫︎チャリティー活動に参加できる

チャリティーサンタの最大の特徴は、サンタを派遣してもらう家庭が払うお金(日本円で2000円程度)が、「世界で、恵まれない子どもたちの支援を行う活動資金になる」ということです。

サンタを派遣してもらう金額は、パーティーコンパニオンとしてサンタを呼んだときと比べると、かなり低額です。つまり、自分の子どもが喜ぶ上に、ほかの子どもたちの支援をすることもできるのです。

また、お金を寄付することも、チャリティーサンタを支える大切な活動です。チャリティーサンタの団体では、他のNPO団体同様に、寄付金の募集をしています。

サンタクロースとして活動をすることだけが、チャリティーサンタではありません。自分ができる金額を寄付することも、同じようにチャリティーサンタとしての活動なのです。

世界には、クリスマスを祝うことができない厳しい状況に置かれていたり、5歳まで生き延びることが難しかったりする子どもたちが、まだ大勢います。自分たちの幸せが、世界の子どもたちの幸せにつながることは、とても素敵なことだと思います。

このように、チャリティーサンタの活動は、クリスマスの日に子どもに夢を与えるだけではありません。「世界の子どもを支援することができる」というメリットもあります。たくさんの人が幸せな気持ちになれるような日を、チャリティーサンタはつくることができるのです。

action
保育士・幼稚園教諭が転職を考えるとき、転職サイトを活用するとより自分の希望に沿う求人を見つけることができるようになります。自分一人では頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉まで行うのは現実的ではありません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できるだけでなく、施設や企業との交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって特徴が大きく異なります。例えば、電話だけの対応で素早さを重視する会社があれば、面接まで同行することで難しい案件への対応を得意としている会社もあります。他には、大手企業に強みを発揮する会社があれば、地方求人を多く保有している会社もあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページで転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

botton6

注目の人気記事

a1管理人による転職体験記
保育士・幼稚園教諭として、私が実際に転職サイトを利用して転職した経験を述べています。

見学の際に感じたことや、失敗した経験から、転職の際に必要だと感じたことなどを詳細に記しています。


a2転職サイト利用の流れ
転職サイトを活用するとはいっても、初めて利用する人がほとんどなので「どのような流れで進んでいくのか分からない」という不安が残ります。

実際には難しいことは何一つないのですが、どのような手順で進んでいくのかを解説しています。


転職サイトを有効活用する方法
a3良い求人を見つけ、転職を成功させるときは転職サイトの利用が一番の近道です。しかし、保育士・幼稚園教諭の中でも、転職サイトを利用したことがないという人は多いです。

そこで、転職サイトの有効な活用方法について記しています。