NPO・NGOを支えるボランティアの存在

ccc69926099f1ee59590b4b01118da5c_s

国内・海外を問わず、NPO・NGO団体は、それぞれの分野で幅広く活躍しています。インターネットの検索エンジンで、「支援 ⚪︎⚪︎(興味のある分野)」と検索すると、それに該当する団体がたくさん出てきます。

政府機関が取りこぼしてしまっている人々の支援をNPOやNGOが行っており、それによって救われている人は大勢います。ただ、実際に「自分も同じようにNGOなどで働きたい!」と思って求人欄を見ると、「熱意があること」以外に、条件がたくさんあることが分かります。

世界で活躍している団体の場合は、語学やコミュニケーションスキルだけではなく、開発などの専門知識を必要としている場合がほとんどです。そのため、「自分は、働くことはできない」と思って気落ちする人がいるかもしれません。

しかし、NPOやNGOは、スタッフだけが支えているわけではありません。団体を支えているものの中で、とくに大きな存在を示しているのはボランティアです。

そこで、「NPO・NGOで活躍するボランティア」について解説していきます。

⚫︎表舞台で活躍していることだけが支援の形ではない

「支援」と一言でいっても、現場で人と関わることだけが支援の形ではありません。支援と言えば、現地で人々と関わり、報告をブログやSNSで発信している現場のスタッフにスポットがあたりがちです。

しかし、現場のスタッフが活躍するためには、必ず見えないところでサポートしてくれる人の存在が必要です。それが、ボランティアの存在なのです。ボランティアがいなければ、団体の活動はたちまち立ち行かなくなってしまいます

なぜなら、NPO・NGOの場合、資金のほとんどが寄付金や募金で賄われています。そのため、大事なポジションに常駐スタッフを置くことはできたとしても、その人数は少数にとどまります。実際のところ、細々とした事務作業などのほとんどは、ボランティアが担っています。

団体をサポートするボランティア活動は、多岐に渡ります。一見すると、目立たない地味な作業に思えるかもしれませんが、とても大切な活動です。活動には、以下のようなものがあります(ほんの一例です)。

・寄付金をおさめた支援者に、活動報告を郵送する

・海外とのやりとりをしている団体の場合は、翻訳作業をする

・簡単な経理事務

・団体の広報活動(街頭で募金を呼びかけるなど)

これだけの内容を、ボランティアに任せている団体が数多くあります。そして、これらの作業すべてが、団体を支えるための大切な活動です。

また、事務や広報には専任スタッフがいたとしても、責任者しかいない場合があります。つまり、熱意を持ったボランティアによって、NPO・NGOは支えられていると言っても過言ではありません。たとえ人と関わることが苦手でも、自分にできることが必ずあります。

どうか、「人のために何かしたい」と思った熱意を形にしてください。心から願って行ったことが、誰かの助けになるのです。

⚫︎できるところから始めることができる

表に出ない裏方のボランティアのメリットのひとつは、「自分がやりたいと思った日から始められる」ということです。ボランティアは、無償です。さらに、時間の制約がありません。活動できる時間や日にちを選び、自分ができることをすれば、それだけで感謝されます。

人と関わり、施設慰問などをするボランティアとは違い、自分のペースで行うことができます。このことから、始めやすいボランティアのひとつではないかと思います。

しかし、いくらボランティアと言っても、守らなくてはならない「守秘義務」があります

「ボランティアをしてあげているのだから」と、団体の裏事情をインターネットに書き込みをしたり、第三者に言いふらしたりすることは許されません。また、団体によっては個人情報を扱います。個人情報の取り扱いには、十分な注意が必要です。

団体にとっては、信用が大切です。団体の信用が失墜して支援者が減れば、支援を受けている人々が適切な援助を受けられなくなってしまいます。

一方で、守秘義務を守ることができ、「誰かのために自分の力を使いたい」と思う人であれば、いつでもボランティアへの扉は開かれています

たとえ、ボランティア活動に月1回しか参加できなかったとしても、それ自体は大切な活動です。そのため、「ボランティアを始めたい」と思ったときは、一歩前へ進んでみましょう。「やりたい」と思ったときが、その活動の一番の「始めどき」なのです。

このように、NPO・NGOの活動は、常駐スタッフだけでなく、多種多様なボランティアスタッフによって支えられています。

現場で活動しているスタッフは、華々しく見えます。しかし、ボランティアがいなければ、現場スタッフも団体運営のための作業に時間を費やさなくてはなりません。つまり、やっていることは、どれも大切な活動なのです。

ボランティアは、誇りを持って行う活動です。その中で自分にできることを始めることが、必ず誰かの助けになっていくのです。

action
保育士・幼稚園教諭が転職を考えるとき、転職サイトを活用するとより自分の希望に沿う求人を見つけることができるようになります。自分一人では頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉まで行うのは現実的ではありません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できるだけでなく、施設や企業との交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって特徴が大きく異なります。例えば、電話だけの対応で素早さを重視する会社があれば、面接まで同行することで難しい案件への対応を得意としている会社もあります。他には、大手企業に強みを発揮する会社があれば、地方求人を多く保有している会社もあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページで転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

botton6

注目の人気記事

a1管理人による転職体験記
保育士・幼稚園教諭として、私が実際に転職サイトを利用して転職した経験を述べています。

見学の際に感じたことや、失敗した経験から、転職の際に必要だと感じたことなどを詳細に記しています。


a2転職サイト利用の流れ
転職サイトを活用するとはいっても、初めて利用する人がほとんどなので「どのような流れで進んでいくのか分からない」という不安が残ります。

実際には難しいことは何一つないのですが、どのような手順で進んでいくのかを解説しています。


転職サイトを有効活用する方法
a3良い求人を見つけ、転職を成功させるときは転職サイトの利用が一番の近道です。しかし、保育士・幼稚園教諭の中でも、転職サイトを利用したことがないという人は多いです。

そこで、転職サイトの有効な活用方法について記しています。