髪の毛の寄付が頭髪に悩む子どもの希望になる

51d9eda089610ab0facb3dd8457b197f_s

「寄付」と言えば、どのようなものを思い浮かべるでしょうか。お金や衣類、物資など具体的に思い浮かぶ人も多いかと思います。

しかし、寄付は物やお金だけではありません。それだけでなく、自分の「髪の毛」を寄付することができます。そして、髪の毛の寄付は、病気と闘う子どもたちにとても喜ばれるのです。

そこで、「髪の毛の寄付」について解説していきます。

⚫︎髪の毛は人の印象を左右する

髪型で、人の印象は大きく変わります。例えば、長髪の人が短髪にしたとき、その人が別人のように見えたことはありませんか。そして、自分の印象を変えるときにも、髪型を変える人は多いと思います。

しかし、中には病気によって髪の毛を失い、辛い思いをしている人がいます。白血病やがんの治療、先天性脱毛症や不慮の事故による外傷で、頭髪を失ってしまった人たちです

子どもの場合は、「髪の毛がない(薄い)」ということが、「いじめ」や「からかい」の対象になることがあります。なぜなら、子どもは「自分と違う」存在を敏感に感じ取るからです。また、子どもというものは、悪気はなくても、相手の一番目立つところを指摘してしまうものなのです。

しかし、子どもは「いじめ」や「からかい」が辛くなって不登校になってしまったり、自分の頭髪が気になって引きこもったりすることがあります。なぜなら、自分に対して、自信がなくなってしまうからです。

子ども時代は、心を豊かに育てる大切な時期です。その時期に、第一印象でからかわれることは、子どもの心に大きく傷をつけてしまいます。また、他者に対しての安心感を持つことが難しくなってしまいます。

そのときに、髪の毛の寄付が役に立つのです。

⚫︎ウィッグを子どもたちにプレゼントするNPO団体

アメリカでは、頭髪の問題を抱える子どもたちのためのボランティア団体があります。その活動に共感した人々が、自分の国でも同じように活動を始めています。

このNPO団体の活動とは、「寄付された髪の毛をウィッグにして、子どもたちにプレゼントする」というものです。

このとき、「頭髪のことで悩むならば、ウィッグをかぶれば解決する」ということは、誰もが考えます。しかし、医療用のウィッグは高価です。

また、子どもの体は著しく成長します。もし、医療用ウィッグを用意するば、この成長に合わせたものを用意する必要があります。しかし、子どもの病気や怪我の治療が長く続いた場合、保護者にとって金銭的な負担が大きくなります。

このように、定期的に医療用ウィッグを購入することは、経済的に余裕がある一部の人に限られてしまいます。

一方、安価なウィッグの場合は、どうしても「作り物感」が出てしまいます。人毛と比べれば、その差は歴然です。ウィッグを探す人の多くは、「本物に近い質感」を求めます。そのため、人毛で作られたウィッグが一番喜ばれるのです。

このように、NPO法人によって、集めている髪の長さは異なりますが、カラーやパーマがあっても集めているところがほとんどです。少しひっぱっただけでちぎれるほど痛んでいなければ、「引き取りたい」というところもあります。

では、どのようにNPO法人へ寄付を行えばよいのでしょうか。それは、自分の髪の毛をそのまま髪の毛を集めている団体へ送付するだけで、特に他の手続きは必要としていません。

また、「髪の毛は美容院で切るから、寄付はできない」という人であっても、髪の毛の寄付は行えます。

その方法は、NPO法人が提携している美容院であれば、「髪の毛を寄付したい」という意思を示すことです。この場合は、自分は特に何もせずに寄付を行うことができます。この方法であれば、自分で髪の毛を持って帰る手間が省けるため、とても楽なやり方ではないでしょうか。

このように、さまざまなことが誰かの支援につながります。子どもにとって、「自分が他人からどのように見えるのか」ということは重要なことです。ウィッグがあることで、頭髪に悩む子にとっては、大きな希望になります。

人間の体に無駄なところはひとつもありません。もし、「髪の毛の寄付」の興味があるならば、ぜひ実践してみてください。

action
保育士・幼稚園教諭が転職を考えるとき、転職サイトを活用するとより自分の希望に沿う求人を見つけることができるようになります。自分一人では頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉まで行うのは現実的ではありません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できるだけでなく、施設や企業との交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって特徴が大きく異なります。例えば、電話だけの対応で素早さを重視する会社があれば、面接まで同行することで難しい案件への対応を得意としている会社もあります。他には、大手企業に強みを発揮する会社があれば、地方求人を多く保有している会社もあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページで転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

botton6

注目の人気記事

a1管理人による転職体験記
保育士・幼稚園教諭として、私が実際に転職サイトを利用して転職した経験を述べています。

見学の際に感じたことや、失敗した経験から、転職の際に必要だと感じたことなどを詳細に記しています。


a2転職サイト利用の流れ
転職サイトを活用するとはいっても、初めて利用する人がほとんどなので「どのような流れで進んでいくのか分からない」という不安が残ります。

実際には難しいことは何一つないのですが、どのような手順で進んでいくのかを解説しています。


転職サイトを有効活用する方法
a3良い求人を見つけ、転職を成功させるときは転職サイトの利用が一番の近道です。しかし、保育士・幼稚園教諭の中でも、転職サイトを利用したことがないという人は多いです。

そこで、転職サイトの有効な活用方法について記しています。