遺産を寄付することのメリット

901783186c2962bb8509001cd301cf2a_s

現代では亡くなってから、財産分与をするときに大きなトラブルになるケースが増えています。いわゆる「遺産相続の問題」です。この問題は、今まで良好に関係を築いていた家族ですら、遺産を巡って激しい争いになることも珍しくありません。

特に、財産を持っている人は生前から「どのように遺産を残すのか(=遺産分割)」について真剣に考える必要があります。なぜなら、お金は遺族の心を惑わし、思ってもみない行動を起こすことがあるからです。

つまり、いかに遺産を相続させるによって、遺された人々が苦しまずに済むということです。

一方で、さまざまな家族の形ができたことで、「必ずしも家族に遺産を遺したい」と考える人ばかりではなくなってきました。そのような状況が増えたため、最近注目されている遺産分割の方法が、公益団体やNPO、NGO団体への遺産を寄付するという方法です。

そこで、今回は「遺産を寄付することによるメリット」について解説していきます。

⚫︎相続人同士のトラブルを緩和できる

そもそも、遺産を寄付するという行為は、自由主義の欧米諸国では普通に行われていたことでした。しかし、日本やアジア諸国では「家を存続させる」という文化が根強くあるため、「遺産を寄付する」と言ってもイメージができない人も多くいます。

一方で、遺産を誰が相続できるかということは、特別な遺言がない限り、法律上相続人に限定されています。

もし、「家族とは関係が良くないから、お世話になったあの人へ相続してもらいたい」と思ったときには、「遺贈」という方法があります。これにより、法定相続人以外の第三者に遺産を渡すことができます。

しかし、すべての財産を遺贈することはできません。なぜなら、相続人の中には遺産を頼りにしている人もいるからです。そのため、相続財産の一定割合を一定の相続人に確保する制度があります。この制度のことを「遺留分」と言います。

この遺留分で注意したいのは、遺贈の額が高い場合のみに適用されるわけではないということです。したがって、第三者に遺贈するならば、必ず遺留分に注意しなければならないということです。

しかし、お金は人を変えてしまいます。「遺留分があれば良い」と考える人ばかりではありません。民法に詳しくなることで、遺産の大半を得ることだって可能です。

そうなると、遺産を相続したときに、ある相続人が他の人から恨まれたり、妬まれたりして大きなトラブルになることがあるのです。

それでは、遺産を残した人の意志に反してしまいます。

このため、自分が亡くなったあとに、遺産を巡ってトラブルにならないように、生前から頭を悩ませる人が現代では増えてきているのです。特に、遺産の額が大きい富裕層の人々ほど、早く考えておく必要があります。

そこで、近年注目されていることが、公益団体やNGO・NPO法人などへ遺産を寄付するという方法です。なぜなら、特定の人物ではなく、団体へ寄付をすることで、残された家族などがお金のことでいがみ合う可能性が低くなるからです。

このように、遺産を巡る問題は、相続人をはじめ、その周りの人をも巻き込む大きな問題に発展しかねません。誰もが納得する方法で遺産相続ができれば良いのですが、すべてがそうなるわけではありません。

だからこそ、遺産相続をどうするかということは、熟慮する必要があります。遺産を寄付することは、相続人の誰かが不公平な思いをしないようにする手段のひとつなのです。

⚫︎社会貢献活動ができる

NPO法人などの団体の多くは、活動資金を集めることに苦慮しています。なぜなら、NPOやNGOなどの団体の多くは、利益を追求しているわけではないからです。また、その活動資金のほとんどは、団体の理念に共感した賛同者からの寄付金により成り立っています。

そのため、遺産の寄付は、さまざまな団体から、新たな活動資金を得る手段として期待されているのです。

一方で、死期が迫った人の多くは、「自分の人生は、何か成し得ただろうか」ということを考えます。その中で、最期まで「誰かの役に立ちたい」と願う人も大勢います。これは、人間の欲求のひとつです。

しかし、そのときには、体が自由に動かなかったり、気力が衰えたりしている場合があります。そこで、遺産を寄付し、「後世の人々の幸せのために使ってもらおう」とする人が徐々に増えているのです。

もし、巨万の富を得ていたとしても、お金は墓場に持っていくことはできません。残された家族への遺産は、生活の助けになると喜ばれる反面、場合によっては遺産が争いの火種になって、後々の人間関係を壊してしまうこともあり得る諸刃の剣にもなり得ます。

それよりも、社会貢献を行う団体へ寄付を行えば、必ず困っている「誰か」の助けになることができます。ひとりの困っている人を助けることで、その取り組みは水の波紋のように少しずつ広がっていき、それがいつしか大きな輪になっていきます。

そして、誰かに優しくされた人は、また違う誰かを助けようとする気持ちを持つことができます。したがって、「誰かを助けよう」とする人を育てることが、国を発展させ、より良い未来を作るためには、非常に重要なことなのです。

このように、「遺産をどのように相続をさせるのか」ということをあらかじめ考えておく必要があります。この遺産の問題は、残された遺族の人間関係を壊してしまいかねない非常に大きな危険性をはらんでいます。

そのような遺産を巡る争いを回避する手段のひとつとして、「遺産を寄付する」という方法があるのです。その上、遺産を寄付することは、それだけで社会貢献活動につながっていくのです。

 

action
保育士・幼稚園教諭が転職を考えるとき、転職サイトを活用するとより自分の希望に沿う求人を見つけることができるようになります。自分一人では頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉まで行うのは現実的ではありません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できるだけでなく、施設や企業との交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって特徴が大きく異なります。例えば、電話だけの対応で素早さを重視する会社があれば、面接まで同行することで難しい案件への対応を得意としている会社もあります。他には、大手企業に強みを発揮する会社があれば、地方求人を多く保有している会社もあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページで転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

botton6

注目の人気記事

a1管理人による転職体験記
保育士・幼稚園教諭として、私が実際に転職サイトを利用して転職した経験を述べています。

見学の際に感じたことや、失敗した経験から、転職の際に必要だと感じたことなどを詳細に記しています。


a2転職サイト利用の流れ
転職サイトを活用するとはいっても、初めて利用する人がほとんどなので「どのような流れで進んでいくのか分からない」という不安が残ります。

実際には難しいことは何一つないのですが、どのような手順で進んでいくのかを解説しています。


転職サイトを有効活用する方法
a3良い求人を見つけ、転職を成功させるときは転職サイトの利用が一番の近道です。しかし、保育士・幼稚園教諭の中でも、転職サイトを利用したことがないという人は多いです。

そこで、転職サイトの有効な活用方法について記しています。