保育士の仕事着はズボンとエプロンに注目すべし

d51d9cf33b9ba6090d488065e01196a8_s

保育士として働くときに、「どんな服装で働けば良いのだろう」と悩みませんか。制服があるところは気にする必要がありませんが、私服で働くところも多数あります。

もちろん、「華美ではない」「胸元が大きく開かない」など、基本的なことは誰でも知っています。しかし、実際に働いてみないと、服装の利便性の有無はわからないものです。

そこで、今回は「保育士のおすすめの仕事着」について解説していきます。

⚫︎ズボンは丈夫な素材を選ぶ

保育士は、1日の中で何度も姿勢を変えて働いています。そのときに、特に損傷が大きくなるのがズボンです。特に、子どもと視線を合わせるときには自然と膝をつくため、膝はすぐに破れてしまいます

したがって、ズボンは丈夫な素材を選ぶことが必要なのです。

中には、ジーンズを履いている人もいますが、ジーンズ素材は安いものだと伸縮性が低いものも多いため、保育には不向きであると言われています。そして、若者に人気のダメージジーンズは清潔な印象を与えるとは言い難いため、やめましょう。

そこで、保育士のズボンを見てみると、動きやすいスウェットやジャージ、もしくはレギンスパンツのような柔らかい素材のものが人気です。

しかし、スウェット地の場合、何回も着て洗濯を繰り返すと、生地が薄く弱くなります。そうなると、すべり台を滑ったり、四つん這いになった時にお尻のところから裂けてしまう恐れがあるため定期的に衣類を点検する必要があります。

また、ジャージは、スポーツタイプで伸縮性もあり、破れにくいというメリットがあるため、少し高めのものを購入する人も多いのが特徴です。そして、色や素材を選べば一見ジャージとは分からないものもあるため、人気です。

現代では、様々な種類の衣類がたくさん出ています。そのため、値段は高くなくても、品質の良いものもあります。したがって、値段で判断せずに、伸縮性や破れにくい素材という点に注目して購入をしてください

⚫︎オススメのエプロン

保育士は感染予防のために、「仕事中はエプロンをする」というところが多いようです。エプロンを支給する施設もあるようですが、ほとんどは私物です。

つまり、保育士にとっては、エプロンも仕事着の一つなのです。

今は、通販でも保育士用のエプロンを購入することができます。そのため、エプロンを変えることで、仕事中のおしゃれを演出している若い職員も多いものです。

ですが、エプロンは体を覆うため、非常に印象に残ります。したがって、あまりに個性的な柄や大きなアップリケは避けた方が良いでしょう。

また、子どもが引っ張ることは容易に想像できます。これにより、腰あたりで紐で縛るタイプのエプロンは何度も紐が解けることがあるため、頭からかぶるタイプのエプロンの方が動きやすいといえます。

そして、保育士のエプロンにはポケットが欠かせません。常に動き回っている保育士ですが、安全のために子どもの動きをとっさに止めなくてはならない時があります。そのため、両手を空けておくために、鞄を持ち歩くわけにいきません。

しかし、メモ帳や外へでかける時には携帯電話を持ち歩く必要があります。その時に、ポケットが役立ちます。このため、物が落ちないように、少し深めのポケットが付いているエプロンがおすすめです。

このように、デザインや値段だけで仕事着を選んでしまった結果、後から後悔することも考えられます。これらの注意点は、長持ちして利便性の高い衣類を購入する基準になります。

ぜひ、動きやすくて丈夫な最適な仕事着を手に入れてください。仕事着が最適な状態に保たれることで、子どもたちの元気に遊ぶことができ、仕事もしやすくなるのです。

action
保育士・幼稚園教諭が転職を考えるとき、転職サイトを活用するとより自分の希望に沿う求人を見つけることができるようになります。自分一人では頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉まで行うのは現実的ではありません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できるだけでなく、施設や企業との交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって特徴が大きく異なります。例えば、電話だけの対応で素早さを重視する会社があれば、面接まで同行することで難しい案件への対応を得意としている会社もあります。他には、大手企業に強みを発揮する会社があれば、地方求人を多く保有している会社もあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページで転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

botton6

注目の人気記事

a1管理人による転職体験記
保育士・幼稚園教諭として、私が実際に転職サイトを利用して転職した経験を述べています。

見学の際に感じたことや、失敗した経験から、転職の際に必要だと感じたことなどを詳細に記しています。


a2転職サイト利用の流れ
転職サイトを活用するとはいっても、初めて利用する人がほとんどなので「どのような流れで進んでいくのか分からない」という不安が残ります。

実際には難しいことは何一つないのですが、どのような手順で進んでいくのかを解説しています。


転職サイトを有効活用する方法
a3良い求人を見つけ、転職を成功させるときは転職サイトの利用が一番の近道です。しかし、保育士・幼稚園教諭の中でも、転職サイトを利用したことがないという人は多いです。

そこで、転職サイトの有効な活用方法について記しています。