保育士のダイエットは食べる物に注目する

6694c186222c3221b40fd00a82cc2596_s

保育士は、体をよく動かす仕事です。そのため、「ダイエットなんて必要ないのでは?」と考える人がいるかもしれません。

しかし、保育士として働き始めてから「体重が増えてしまった」と太ってしまったことを焦る人は意外と少なくありません。これは、ストレスが多い職業の特徴と言えます。

そこで、今回は「保育士とダイエット」について解説していきます。

⚫︎保育士を太らせる原因は早食いとストレス

保育士は、女性が多くの占める職業です。中には、「仕事で認められれば良いから見た目は気にしない」という人もいるでしょうが、多くの人は太ることに対して抵抗感を持っています。

太る原因として、多くの人が自覚していることがあります。それは、給食の早食いです。医学的にも、早食いをすることで脳が満腹感を感じず量を多く食べてしまうために太ってしまうことがわかっています。

そして、多くの保育園では園児と一緒に「指導食」として給食を食べています。ですが、保育士がじっくり食べることはできません。

なぜなら、早く食べ終えて食事指導をしなければならないからです。また、食べ終えた子どもたちが遊び始めたら、安全管理のために気を配らなければなりません。これらのことから、自然と早食いになります。

しかも、保育士はストレスの多い職場です。そのため、仕事が終わってから「ちょっと息抜き」でお菓子に手が伸びてしまうことも珍しくありません。もしも、「食べることがストレス発散」になってしまえば、自然と体重が増えていくのは明白です。

実際、働き始めてから体重が増えてしまった職業の中に、保育士が含まれています。他には、プログラマーや教師、医師などストレスを抱えやすい環境で働いている人がほとんどです。

脳は、ストレスを感じると、「コルチゾール」というホルモンを分泌します。このホルモンが分泌されることで、体は危険を察知して脂肪を溜めようとするのです。これだけでも、太りやすい条件が揃っています。

さらに、強いストレスがかかることで、脳は負担を感じ、「危険な状態である」と認識します。その時に、脳に必要な栄養素である「ブドウ糖」と「コレステロール」をたくさん補給しようとします。

この2つが多く含まれているの食品が、「甘いもの」と「脂っこいもの」です。つまり、脳はストレスから解放されるために、甘いものと脂っこいものを欲するようになるのです。

このように、ストレスが原因で甘いものや脂っこいものをたくさん食べてしまえば、自然と体重は増えてしまいます。そこに、早食いが加われば、さらに体重増加を加速させてしまうでしょう。

⚫︎食べる物を変えることで無理なダイエットを防ぐ

健康や美容に関する情報が簡単に手に入れられるようになった現代においても、多くの女性が食べないダイエット(食べる量を極端に減らすことも含む)を行う傾向があります。

なぜなら、食べないことが一番体重の減り方が大きいからです。食事制限も、腹八分目くらいまでに抑えるならばむしろ健康になるかもしれませんが、極端に食事量を減らせば、その分代謝が落ち、スタイルアップすることが難しい体になってしまいます

また、保育士は体が資本となる仕事です。そのため、無理なダイエットを行って貧血を起こしたり、感情が不安定になったりしては、子どもたちときちんと向き合うことが難しくなってしまいます。

したがって、極端な食事制限をすることは将来のためにもならないため、絶対にやめてください。

では、どのように体重増加を防げば良いのでしょうか。

それは、食べ物を変えることです。先述のように、ストレスを感じると、脳は甘いものや脂っこいものでブドウ糖やコレステロールを補給しようとします。

ですが、砂糖がたっぷり入ったものや質の悪い油で作られた食品は、食べ続ければ体に必ず悪影響を及ぼします。しかも、砂糖は中毒性が高いため、少し食べると次から次へと欲しくなってしまうため、要注意です。

これにより、甘いものが欲しくなった時には、果物や加工されていないナッツなど、砂糖の入っていないものを選択しましょう。

例えば、ドライフルーツやナッツであれば、簡単に持ち運びをすることができます。ドライフルーツやナッツの利点は、よく噛むことで少量でも満足感を得られることです。

また、砂糖で加工していないものであれば、食べ過ぎたとしてもスナック菓子と比較すれば大きく問題はないでしょう。

つまり、体が資本である保育士の場合は、「食べない」ことを選択するのではなく、「何を食べて、何を食べないか」を考えることが重要なのです。

このように、保育士はやりがいもある分、ストレスにさらされる職業です。その分、太りやすくなる要因は揃っています。

中には、見た目を気にして無理なダイエットを行う人もいますが、それはかえって体を不健康にしかねません。むしろ、食べたい欲求を無理に我慢し続ければ、ドカ食いの危険性も高まります。

そのため、「食べたい」欲求に駆られた時に、「どのようなものを選択するか」によって後の展開が変わっていきます。

しかし、ストレスを感じた時には、つい甘い物が食べたくなるかもしれません。その時には、是非自分の体のためにも、砂糖をたくさん使ったものではなく、天然の甘味で栄養価の高いものを選択してください。それが急激な体重増加を防ぐことにもつながるのです。

action
保育士・幼稚園教諭が転職を考えるとき、転職サイトを活用するとより自分の希望に沿う求人を見つけることができるようになります。自分一人では頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉まで行うのは現実的ではありません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できるだけでなく、施設や企業との交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって特徴が大きく異なります。例えば、電話だけの対応で素早さを重視する会社があれば、面接まで同行することで難しい案件への対応を得意としている会社もあります。他には、大手企業に強みを発揮する会社があれば、地方求人を多く保有している会社もあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページで転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

botton6

注目の人気記事

a1管理人による転職体験記
保育士・幼稚園教諭として、私が実際に転職サイトを利用して転職した経験を述べています。

見学の際に感じたことや、失敗した経験から、転職の際に必要だと感じたことなどを詳細に記しています。


a2転職サイト利用の流れ
転職サイトを活用するとはいっても、初めて利用する人がほとんどなので「どのような流れで進んでいくのか分からない」という不安が残ります。

実際には難しいことは何一つないのですが、どのような手順で進んでいくのかを解説しています。


転職サイトを有効活用する方法
a3良い求人を見つけ、転職を成功させるときは転職サイトの利用が一番の近道です。しかし、保育士・幼稚園教諭の中でも、転職サイトを利用したことがないという人は多いです。

そこで、転職サイトの有効な活用方法について記しています。