ブランクのある保育士が保育の仕事に戻るときに心がけること

9bc9a871f407078a2bc363c3f1d81c59_s

保育士は国家資格で、「保育士」を名乗るためには、有資格者である必要があります。また、現代において保育士は「資格はあるけれど保育士としては働かない」という人も増えているため、慢性的な人手不足に悩まされています。

そのため、無資格者のパート職員なども雇用しながら、なんとか毎日の保育を行っている園も少なくありません。

しかし、保育園で子どもを預かるとは、命を預かることと同じです。したがって、雇用する側もきちんと保育の勉強をした有資格者を望んでいます。

中には、一度は保育の仕事をしていたけれど、様々な事情から離職していた人が再び保育士の仕事をしようと考えることがあります。ですが、「自分は保育の仕事に戻れるのだろうか」と不安になるので、躊躇する人も多くいます。

そこで、今回は「ブランクのある保育士が保育の仕事に戻るときに心がけること」について解説していきます。

⚫︎保育園側はブランクのある人も大歓迎!

様々な園の特色はありますが、官民関わらず保育士経験者が職場に来てくれることについて、歓迎してくれることがほとんどです。それは、ブランクはあっても新人ではないため、「ある程度仕事を任せることができる」と考えるからです。

しかし、このような「仕事を任せられる」と期待されていることが、ブランクのある人にとっては重荷となります。それが、求人応募や保育士の職場復帰に躊躇する原因の一つです。

確かに、ブランクがあっても「保育経験者」ということで即戦力という期待はされます。それでも、保育園は園が変われば保育理念や子どもへの働きかけ方など、細かいところが違います。

これにより、園側も最初から「全てをこの園の方針通りにやってほしい」とまでは考えていません。保育園によっては、経験者であることに対して過度な期待を持つところもありますが、そこは面接などの話し合いの場を持ってしっかりと見極める必要があります。

しかし、ほとんどの場合、慢性的な人手不足に悩む保育士の仕事は、どこでも引く手数多です。そのため、もしブランクはあっても保育士の仕事にチャレンジしてみようと思うならば、どこの施設でも喜ばれるでしょう。

⚫︎同僚たちには謙虚な姿勢で接する

保育士経験者だったとしても、長い間保育の仕事から離れていると子どもたちの活発な動きについていけないことがあります。また、保育の経験はあったとしても、就職先では1年目の職員であることに変わりはありません。

したがって、常に同僚には謙虚な気持ちで接しましょう。たとえ、それが自分よりも年下の職員であっても同様です。なぜなら、その職員は保育経験が少なく若いかもしれませんが、確実にその施設においては先輩だからです。

そして、分からないことは何でも同僚に聞くことが大切です。それは、雑巾の洗い方や掃除の仕方などの細かいところでも、園独自のやり方で統一している場合があるからです。

それを聞かずに、自己流で進めてしまうことで「あの人は経験者であることを鼻にかけている」「ルールがあるのに無視をする」と人間性を誤解されてしまうこともあります。

これは、大げさなことではありません。なぜなら、小さなことであってもその園が大切に受け継いできた伝統やルールだからです。これによって、それらを無視することはそれを守っている職員の気持ちもないがしろにすることにつながります。

一方、謙虚な気持ちで同僚や年下の職員と接することで、「あの人は誰に対しても丁寧だ」と人間性を認めてもらえる可能性が高くなります。人間性を認められると、その園での人間関係が円滑になり、気持ち良く働くことができるのです。

このように、保育士の仕事は、ブランクがあったとしても資格があれば就職先を見つけることは難しくはありません。むしろ、「経験者」ということで、喜ばれる場合が多いでしょう。

しかし、経験者であっても、その園では1年目の職員であることを忘れてはいけません。その園の決まりは、どんな小さなことでも確認することが大切です。人間関係は、快適な職場環境には欠かせないものです。それを自らの手でつぶすようなことは、あってはいけません。

この心構えを持つことで、ブランクがあっても就業先での仕事を円滑に行うことができます。保育士は、労働条件の厳しさから常に人手不足に悩まされています。そのため、もう一度保育の仕事をしたいと思うならば是非挑戦してみてください。

action
保育士・幼稚園教諭が転職を考えるとき、転職サイトを活用するとより自分の希望に沿う求人を見つけることができるようになります。自分一人では頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉まで行うのは現実的ではありません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できるだけでなく、施設や企業との交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって特徴が大きく異なります。例えば、電話だけの対応で素早さを重視する会社があれば、面接まで同行することで難しい案件への対応を得意としている会社もあります。他には、大手企業に強みを発揮する会社があれば、地方求人を多く保有している会社もあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページで転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

botton6

注目の人気記事

a1管理人による転職体験記
保育士・幼稚園教諭として、私が実際に転職サイトを利用して転職した経験を述べています。

見学の際に感じたことや、失敗した経験から、転職の際に必要だと感じたことなどを詳細に記しています。


a2転職サイト利用の流れ
転職サイトを活用するとはいっても、初めて利用する人がほとんどなので「どのような流れで進んでいくのか分からない」という不安が残ります。

実際には難しいことは何一つないのですが、どのような手順で進んでいくのかを解説しています。


転職サイトを有効活用する方法
a3良い求人を見つけ、転職を成功させるときは転職サイトの利用が一番の近道です。しかし、保育士・幼稚園教諭の中でも、転職サイトを利用したことがないという人は多いです。

そこで、転職サイトの有効な活用方法について記しています。