保育士や幼稚園教諭のおすすめヘアアレンジ

08c64f24ec184f7d81254e9f6298bb5a_s

「身だしなみ」は、社会人である以上欠かすことができないものです。特に、信頼や安心感のもとに成り立つ保育士や幼稚園教諭の仕事では気をつけたいものです。

しかし、一般的なオフィスワークと保育や教育の仕事では、適切な服装や髪型などは異なります。中でも、髪型は服装とは違い、すぐに変えることができません。

これにより、自分の好みは保ちつつ、職場に合わせた髪型を工夫する必要があります。

そこで今回は、「保育士や幼稚園教諭の髪型で気をつけることとおすすめポイント」について解説していきます。

⚫︎風になびく長い髪はまとめる

保育や教育の職場は、女性が大半を占めています。その中には、ロングヘアーを好む人もいるでしょう。また、「どのくらい伸びたら髪を結ぶべきか」で悩む人もいるかもしれません。

しかし、髪の毛が風になびくような状態は、仕事中は必要ありません。むしろ、邪魔になることがほとんどです。

したがって、髪の先が肩につくようになったら髪の毛はまとめる方がすっきりとして見え、なおかつ仕事もしやすくなります。規定がないときには、髪がまとめて結べるような長さになった段階でまとめましょう

このような細かいポイントで、清潔感や仕事への思いを表すことができるのです。

たとえ、ロングヘアーが好きな場合でも、働いている以上は職場のルールに従う必要があります。自分の趣味は、プライベートな時間で十分発揮すれば良いのです。

また、前髪についても同じことが言えます。目にかかりそうなくらい伸びてきてしまったら、横に流してピンで留めるか、切りましょう。

なぜなら、人は目を見て話すからです。

その際、長い前髪は不潔で暗い印象を与えてしまいます。子どもにとっても、目が隠れてしまいそうな長い前髪は、表情がわかりづらいため恐怖心をあおります。

まれに自分のスタイルを貫こうとする人もいますが、それは常識のない偏屈な人だと思われてしまいます。それは、安心感や信頼が必要な保育や教育の仕事にとっては非常にマイナスイメージになります。

「どのような格好なら信頼が置けるように見えるのか」を客観的に考えてみましょう。そうすることで、その場にふさわしいスタイルが見えてくるはずです。

⚫︎おすすめのヘアアレンジ

仕事である以上、職場で求められるマナーは守らなければなりません。しかし、人間は仕事のみに生きるわけではないので、自分の好みを反映したおしゃれや楽しみも見つけたいと考えるのは当然です。

ヘアスタイルは、その人の印象を左右すると言っても過言でありません。また、「仕事のため」と考え、我慢ばかりしていてはそれは大きなストレスになります。

したがって、職場での最低限のルールは守りながらヘアスタイルを楽しむように工夫する方が自分らしさを大切にできますし、仕事にも気持ち良く向かえます。

しかし、巻き髪やスタイリングは、動き回ることが多い保育士や幼稚園教諭には向きません

なぜなら、どんなにスタイリング剤で髪の毛を固定したとしても、子どもと夢中になって遊んでいるうちに崩れてしまいますし、崩れてしまえば容易に直すことが困難だからです。

また、2010年以降に代表されるようなふんわりしたヘアスタイルも、時間が経って乱れてくるとみすぼらしくなってしまいがちです。

もちろん、こまめに髪型を気にして直す余裕のある職場ならば構いません。

ですが、もしそうでなければ、ヘアアレンジはある程度しっかりと結んだり、まとめたりする方がおすすめです。その方が崩れる心配も少なくなり、仕事にも集中することができます。

たとえば、おだんごヘアーや三つ編みのアレンジなどは、簡単にできる上に見栄えも良く見えます。しかも、結び方やアレンジ次第でいつも同じ髪型をしているようには見られにくいものです。

もし、アレンジが難しく、ポニーテール(一つ結び)しかできない時には、シュシュやバレッタなどのヘアアクセサリーも現代は豊富にあります。

色や形は職場の雰囲気を見て選択する必要があるでしょうが、それ以外は自分の好みに近いものを選べます。ヘアアクセサリーを変えるだけでも、その日の気分は大きく変わりますので、大変有効な手段です。

ただ、ピンやクリップなどは、万が一落とした時に子どもが拾い、乳児の場合は口に入れてしまい怪我をすることも考えられるので、避けるか取れないものを使用してください。

このように、保育や教育の仕事では節度ある服装や髪型を求められるため、自由に自分の好みのスタイルを求めることは難しい場合もあります。

ヘアスタイルは、人の印象を大きく左右するため、「人から見てどう見るのか」と意識して清潔感を演出する必要があります。これが、保護者や同僚からの安心感や信頼を得るための第一歩になるのです。

しかし、だからと言っていつも引っ詰め髪でいれば良いわけでもありません。職場に厳しい規定があるのならば仕方がありませんが、個人にも趣味がありますから節度を守りつつ自分らしさを演出しましょう。

ヘアスタイル一つでも、「仕事だから仕方がない」と我慢し続けるだけでは、仕事自体が楽しくなくなってしまいます。特に、保育士や幼稚園教諭はストレスの多い仕事です。そのため、1日の中でもちょっとした楽しみを持てることが非常に大切です。

清潔感を重視しながら、自分らしさを少しプラスするようなスタイルをぜひ探してみてください。

action
保育士・幼稚園教諭が転職を考えるとき、転職サイトを活用するとより自分の希望に沿う求人を見つけることができるようになります。自分一人では頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉まで行うのは現実的ではありません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できるだけでなく、施設や企業との交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって特徴が大きく異なります。例えば、電話だけの対応で素早さを重視する会社があれば、面接まで同行することで難しい案件への対応を得意としている会社もあります。他には、大手企業に強みを発揮する会社があれば、地方求人を多く保有している会社もあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページで転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

botton6

注目の人気記事

a1管理人による転職体験記
保育士・幼稚園教諭として、私が実際に転職サイトを利用して転職した経験を述べています。

見学の際に感じたことや、失敗した経験から、転職の際に必要だと感じたことなどを詳細に記しています。


a2転職サイト利用の流れ
転職サイトを活用するとはいっても、初めて利用する人がほとんどなので「どのような流れで進んでいくのか分からない」という不安が残ります。

実際には難しいことは何一つないのですが、どのような手順で進んでいくのかを解説しています。


転職サイトを有効活用する方法
a3良い求人を見つけ、転職を成功させるときは転職サイトの利用が一番の近道です。しかし、保育士・幼稚園教諭の中でも、転職サイトを利用したことがないという人は多いです。

そこで、転職サイトの有効な活用方法について記しています。